仏教伝来の聖地『ミヒンタレー』は、夕方が、幻想的。




スリランカで、最初に仏教が伝来された聖地『Mihintale (ミヒンタレー)』。

古代インドの王様で、仏陀を強く尊敬したアショーカ王の息子「マヒンダ」は、この地を訪れた。

当時のアヌラーダプラの王は、鹿に導かれ、この地で「マヒンダ」と出逢ったらしい。

そこで、2人は問答の末、王は、仏陀の教えに、惚れ込み、

そこから、1週間で、8500人が、仏教徒になったと言われている。

この地『ミヒンタレー』は、

「マヒンダ」にちなんでつけられたものである。

ミヒンタレーが、特別である理由

丘の上へと続く階段

こういう出来事が起きたから、ミヒンタレーは、聖地なのではなく、

この地が魅力的なパワーを持ってる土地だから、彼らの出会いの場となった。

実際に僕が、この地を訪れて感じたのは、力が抜ける感じ

ミヒンタレーを訪れると、無駄な力が入らない。

静かな場所、風の心地よさに、自然と癒されてしまう。

感覚に鋭い人は、この感覚を色々言葉にできるかもしれない。

でも、多くの人は、ミヒンタレーについて、

理由は説明できないけど、なんか良い!

という感想になってしまうのではないだろうか。

プルメリア

ミヒンタレーは、そういう場所なんだ。

で、実際にこの地を訪れた人は、きっと、アヌラーダプラよりも、魅力的に感じるだろう。

それに、入場料500Rs (約325円) という安さ。

アヌラーダプラの遺跡入場料よりも、はるかに、財布に優しい。

まあ、アヌラーダプラは、別の魅力があるのだが…。

関連記事 : 約2500年以上前に、築かれた都『アヌラーダプラ』には、どんな遺跡があるの?

夕方が、すごく幻想的!

夕焼けと大仏

ミヒンタレーへ行くのであれば、

僕は、是非、夕方に行くことをおすすめしたい。

夕方のミヒンタレーは、本当に美しい。

それに、4月の暑い時期でも、涼しい。

夕陽が、綺麗に眺められる場所

インビテーション・ロック (Invitation Rock)

インビテーション・ロック

ミヒンタレーにある遺跡は、山のような丘の上にある。

長い階段を登ると、広い踊り場のような場所に出て、その広場に、食堂跡や会議場跡がある。

チケット売り場もあって、そこで、チケットを買うと、また少し階段を登る。

すると、靴を預けるポイントがあり、そこからは聖域という括りになるので、土足厳禁だ。

インビテーション・ロックは、そのエリアにある。

この岩は頂上まで登ることができるが、手すりもなんか中途半端で、けっこう急なので、

高所恐怖症の人は、かなり怖く感じると思う

僕は怖気付きながら登った。笑

マハー・サーヤ大塔と夕陽

だが、この岩の頂上から見た夕陽は、美しかった。

上の写真に映る塔は、「マハー・サーヤ大塔」。

この大塔もまた、山にある丘に立ってるのだが、少し階段を上ると、間近まで行くことができる。

ちょうどそこに、おすすめの夕陽の絶景スポットがある。

マハー・サーヤ大塔 (Maha Seya Dagoba)

上の写真を見ると、座ってる人達が、10人くらい見えると思う。

そこが、ミヒンタレーで、最高の夕陽を見れるベストスポットだ。

僕が、ここを訪れたのは、4月だが、夕陽が沈むのは、18時20分くらい。

じっくりと味わいたいなら、16時半には、ミヒンタレーの階段を登り始めておいた方が良い。

17時ぐらいから、景色は、かなり幻想的になってくる。

ミヒンタレー、絶景スポットからの眺め

夕陽のベストスポットより

マハー・サーヤ大塔の夕陽を眺められるベストスポットで、30分、1時間くらい座ってリラックスするのも、すごく良いと思う。

本当に、心地良いスポットで、ずっと居たくなる。

ミヒンタレーは、せかせかと、忙しく観光するのに、似合わない場所だ。

是非、夕方に、ミヒンタレーを訪れて、

日頃の疲れを風と共に、洗い流してみて欲しい。

最後に

訪れる上での注意点

これは、ミヒンタレーに限ったことではないが、下駄箱がある場所から、土足厳禁なので、靴を脱がなければならない。

ただ靴を脱げばいいわけじゃなく、その範囲内に靴を持ち込むのは、基本的に、アウト。

靴を預けるのに、20Rsのチップを払う必要があるが、ちゃんと預けておこう。

あと、膝が丸見えの服装は、警備員に止められるかもしれない。

長ズボンが好ましいが、半ズボンでも、膝が隠せるやつを履いてこよう。

アクセスについて

ミヒンタレーの場所は、アヌラーダプラから、車で約30分離れた場所だ。

関連記事 : アヌラーダプラから、ミヒンタレーまで。行き方を迷っていたら、救世主現る!?

詳しくは、こちらの記事に書いてるので、そちらを1つの参考にして欲しい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です