高所恐怖症の人が、シーギリヤロックを登るのは、『地獄』!?




シーギリヤロックは、スリランカで最も有名で人気の観光スポットだろう。

そして、実際に訪れたら、登る人が多いと思う。

だが、高所恐怖症の人にとっては、地獄に感じる場所が、2箇所ほどある。

シーギリヤロックの観光がどんな感じなのか、軽く紹介できたらいいなと思う。

シーギリヤ遺跡観光

遺跡エリアの入り口

入り口 (左), 出口 (右)

シーギリヤロックのある遺跡エリアの入り口は、1箇所のみ。

上の写真の左側が、この入り口で、右側が、出口。

因みに、出口専用のゲートが、1つだけ別の場所にもある。

この入り口では、チケットを販売してないので、すぐ近くのシーギリヤ博物館の1階で、チケット (30USドル) を購入し、

この入り口から入場だ。

係りの人に、チケットを見せる前に、軽い荷物チェックペットボトルのラベルを剥がされる

検査を通ると、すぐにハスの水路がある。

この階段を登れば、シーギリヤロックが、目の前に登場する。

このまままっすぐ進み、岩の麓まで行く。

階段を少し登っていくと、左手に小さな広場が見えてくる。

長椅子がいくつかあり、そこに座ってる人がいると思う。

ここが、1つの分かれ道だ。

シーギリヤロックを正面にして、左に曲がり、この広場を突っ切るコースと、そのまま正面に行くコース。

これは、シーギリヤロックを背にして撮った写真

左に曲がらずに、まっすぐ行く道は、山腹にあるシーギリヤレディへと続き、ミラーウォールを通り、ライオンの入口へと出る。

左に曲がり、広場を突っ切るコースは、シーギリヤレディーとミラーウォールはスルーして、ランオンの入口へと続く。

僕は、そのまままっすぐに進んでく道を選んだのだが、

これが、地獄だった。笑

なぜ、左に曲がらずに真っ直ぐに進んだかと言うと、その道しか知らなかったから。笑

左に曲がる道は、登頂した後の帰りに通って初めて、道があったことを知ったのだ。

それはさておき、このまままっすぐ進んでいくと、

ここまでは、全然怖くなかった。

だけど、まさかの螺旋階段が登場した。

上の写真にも、かすかに映ってるが、わかりにくいので、反対側から撮った写真が、下の写真。

螺旋階段

高所恐怖症の自分的には、下りも怖かったが、登りがチョー怖かった。

心の中で、「死ぬ、死ぬ、死ぬ、二度とシーギリヤロック登ってやらねぇからな。」と文句を言いながら登った。

この螺旋階段を登ったところに、『シーギリヤレディーの壁画』があるのだが、写真撮影は禁止だ。

シーギリヤレディーについては、こちらの記事をどうぞ。

関連記事 : シーギリヤロックの不思議。

螺旋階段を降りると、今度はすぐにミラーウォールと言われてる回廊に出た。

ミラーウォール

ここは全然怖くなくてホッとした。

因みに、このミラーウォールとは、鏡のような光沢がありそう名付けられたようだが、2019年4月現在は、輝きを失っていた。

このまま階段を上がっていくと、

ライオンの入口

ライオンの入口 (Lion Terrace) へと到着。

上の写真の右奥の階段から、上がってきた。

頂上まですぐそこだ。

この両脚の間の階段を登っていくだけ。

しかし、ここでも難関がやってきた。

怖過ぎるぞ、この鉄の階段!

もう、シーギリヤロックは、一生登ってやんないからな。」と決意して、我慢して登る。

なんとか、頂上に到着。

頂上を目の前にして、バテてるお父さんとその息子さん。笑

王のプール
逞しいおじさん

この上の写真に映ってるおじさんは、岩を登り始めた頃から近くにいた人。

多分、65才くらいなんだけど、サンダルで、シーギリヤロックを登頂してた強者。

今は、この頂上に、王宮跡しかないが、王宮があった頃はどんな感じだったのか見てみたかった。

頂上に来ても、特に見所はない。

因みに、上から下を見下ろすと、街の作り方がよく分かる。

これは、アヌラーダプラの時もこういう作りだった。

関連記事 : アヌラーダプラを代表する寺院の一つ『イスルムニヤ精舎』。

下りも怖い。

だが、上りほどではないのが、せめてもの救い。

ライオンの入口に戻ってきたので、このまま下って、出口へ。

ちょっとこの写真ではわかりづらいが、何人か人が見えるところが、小さな広場。ここに出る。

出口へは、そのまま入口方面へ行き、入口横の出口から出るか。

南側にある出口専用のゲートから出る方法もある。

多くの人は、駐車場に、車が迎えに来てる感じだったけど、歩きだと、まあまあ歩く。

この出口から出ると、レストラン街の道路へ繋がる。

なので、シーギリヤロックを観光して、そのまま出口専用のゲート (南側) から出て、そのままレストラン街で、ランチを取るのも良き。

最後に

写真だけだと、どうしても伝えきれない部分もあるが、

高所恐怖症の人は、シーギリヤレディーも飛ばしちゃって、ライオンの入口へ行き、頂上も行かなくていいんじゃないかな。

別に頂上に何かあるわけじゃないし、あえて、遺跡エリアにも入らずに、シーギリヤロックを近くで眺められるホテルにとかに泊まって、眺めるだけでいいと思う。

その方が、自分の中での神秘的なシーギリヤロックは、保たれるだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です