シーギリヤロックの不思議。




スリランカで最も人気な観光スポットである「シーギリヤロック」。

ここは、観光客に大人気だが、現地のスリランカ人からも、凄く人気がある。

シーギリヤロックは、オーストラリアのエアーズロックのように、

エアーズロック

その国 (その島) のド真ん中付近にある『デッカい一枚岩』だ。

僕自身も、実際にシーギリヤへ訪れてみたのだが、まあ凄いね。

僕は、今回の旅の中で、スリランカの8つある世界遺産を全て訪れた。

その中でもし、行くべき優先順位をつけるとしたら、シーギリヤは、確実に、トップ2に入る。

シーギリヤロックに関して、

現実的に役に立つ情報は、別の記事で書くとして、

今回は、僕が実際に、シーギリヤロックを登ってみて、

体験した『シーギリヤロックの不思議』について話したいと思う。

この記事は、タイトルにも、キーワードを入れてないので、おそらく、この情報に辿り着く人は、かなり限られると思う。

それでは、「シーギリヤロックの不思議な話」をしていこう。

不思議① : シーギリヤレディーの手は、3本ある。

これは、レプリカ。

シーギリヤロックの中腹には、『シーギリヤレディー』という美女のフレスコ画がある。

かつては、500人ほど描かれていたらしいが、現在残ってるのは、18人のみ。

実際の岩に直接書かれてる本物の『シーギリヤレディー (壁画)』は、

現在、写真撮影禁止だ。

因みに、シーギリヤ博物館のレプリカは、写真を撮っても良いみたい。

この壁画は、岩の中腹にあるので、そこに着くまでに、階段を結構登る。

岩の麓の階段を登っていくと、岩の目の前に着くのだが、その途中で、警備員が1人いる。

ここから螺旋階段を登ったエリアだけは、カメラは駄目だと注意を受ける。

螺旋階段を登って、短く、広くない廊下へ辿り着き、18人のシーギリヤレディーを観察できる。

僕はそこへ辿り着くと、18人女性を1つ1つじっくりと、見ていった。

別にいやらしい意味はない。笑

本物の壁画をこの目で確かめたかっただけだ。

・実際の僕のストーリー・

時間をかけてみていると、いつの間にか、壁画を見てた観光客たちは見終わって移動してて、

その廊下に、僕と警備員2人だけになった。

僕は、18人をじっくり見終えたから、高い所も苦手だし、さあ、螺旋階段を降りようか。

そうした時に、1人の警備員が、僕に話しかけてきた。

この壁画の女性は、手が『3本』描かれてるんだ。

彼はそう言ってきた。

え、そうなの?あれだけじっくり絵を見たはずなのに、気がつかなかった。笑

僕は、もう一度よく見てみる。

でも、わからなかった。笑

どこに書かれてるの?わからない!」って言うと、

ここだよ、ここだよ!」と指差しながら、言ってくる。

いやどこだよ!笑」と言うと、

その壁画の前には、ロープが掛かっていて、至近距離ではその壁画を見れないのだけど、その警備員がロープを乗り越えて、指差してくれた。

僕もそのロープを少し跨ぎながら近づいて見てみると、

本当に手が、3本描かれてた。笑

あー本当だ。手が3本描かれてる。なんか隠し絵みたいで、わかりにくい。笑

結構ガイドブックで、下調べしたはずなのに、全然知らなかったなぁと思いながら、

宿に帰ってから、最も詳しいガイドブック「地球の歩き方」を見てみた。

すると、シーギリヤレディの手が3本なんて、どこにも書かれてない。

で、ネットで調べた。

だが、どこにもそんな情報がない

あれだけ、たくさんの日本人がシーギリヤを訪れて、このシーギリヤレディーを見てるはずなのに、手が3本あることは全く知られてない…。

僕も、あの警備員が教えてこなかったら、3本あるなんて、知らないままだった。

シーギリヤレディーの写真撮影が禁止になったのは、

あの螺旋階段と壁画前の廊下が、すごく狭いし、人がたくさん長居すると危険だから。

壁画へと続く螺旋階段

そういう理由もあるのだろうけど、もしかしたら、何か知られたくない情報があったのかもしれない。

質の良いカメラで撮影すると、絵を細かく見直すこともできるし。

ルネサンス時代の絵画とかもそうだが、至近距離で見れないようになっている作品は、数多い。モナリザもそうだし。

写真撮影が禁止されていたり、そういうのって、隠し絵があったりするのかも。

とか思ったりもした。

因みに、僕は、シーギリヤロックを登る前に、博物館を訪れたので、レプリカのシーギリヤレディーにも、手が3本描かれてるのか。

それは、実際に確かめてはいないが、多分、僕の予想だけど、レプリカに描かれてないと思う。

もし、シーギリヤロックをこれから登る予定があったら、

実際にあなたの目で、確かめてみて欲しい

不思議② : ライオンの前足が、おかしい。

ここは、シーギリヤロックにある「ライオンテラス」という言われてるエリヤで、ここの階段を登ると、頂上に辿り着く。

階段の真横に、大きな動物の前足の爪の形をしたものがある。

そして、これは、「ライオンの前足」だと言われてる。

そう言われると、ああそうなんだと納得してしまうが、よくよく見てみると、なんか違和感を感じる。

なんか気になって調べてみると、

ライオンの前足の爪とは、全然違った。

爪の形も違うし、本数も違う。

上の写真は、3本指だが、ライオンは、4本指。

このシーギリヤロックのやつは、ライオンの足ではなく、どちらかと言うと、鳥類の足である。

まとめ

僕が推測するに、このシーギリヤの時代は、伏せられた歴史がある。

5世紀の後半に、11年間だけこのシーギリヤを統治した狂気の王カーシャパ。

たった11年間で、あれだけの宮殿が完成したのも、謎だし、シーギリヤは、不思議な場所の1つだ。

まあ、たくさん謎の包まれてるのも、シーギリヤの魅力なのかもしれない。

最後に

実際に本物のシーギリヤレディーの壁画を見る機会があれば、

螺旋階段のすぐ正面にある女性のどれかに、手が3本描かれてるので、是非そこにも注意を向けて見てみてね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です