スリランカのSIMカードは、凄いお得!(空港で購入すべし)




海外を旅する上で、ネット環境は、とても大切だ。

外国で、日本の携帯のデータ通信をオンにしていると、莫大なお金がかかる。

なので、

スマホのデータ通信は、オフにしなければならない。

そして、

  1. 海外用ポケットWi-Fiをレンタルするか、
  2. その国のプリペイドSIMカードを購入し、入れ替えるか。

ネットや電話を使うには、そのどちらかをする必要がある。

スリランカは、SIMカードが、圧倒的に、お得!

SIMカードの価格は、その国によって、価格やサービス内容が異なるので、一概には言えない。

ただ、スリランカに関して言うと、

絶対、「SIMカード」の方が良い!

日本で、海外用のWi-Fiレンタルをする必要は、全くない。

それでは詳しく紹介していきたいと思う。

おすすめのSIMカードは、

Dialog (ダイアログ)!

出典 : logos Download

SIMカードというのは、基本的に、その国の通信会社が、それぞれ販売してる。

日本だと、ドコモやauなどのように、

スリランカだと、Dialog (ダイアログ), Mobitel (モビテル), airtel (エアテル)など全部で、5社ある。

その中で、約40%、シェア率No. 1を誇るのは、Dialog (ダイアログ)

通信速度も、エリアも、1番良いらしい。

僕は、ダイアログしか使ったことないので、他社との詳しい比較は出来ない。

だが、2019年の4月に、スリランカ北部(ジャフナ)と東部(バッティカロア)を除く、ほぼ全ての地域を実際に訪れて、全然問題なかった。

スリランカの空港で、購入可能!

スリランカの国際空港は、コロンボの近くにあるバンダラナイケ国際空港のみ。

僕が紹介するのは、「プリペイドSIMカード」といって、1ヶ月とか、3ヶ月という限られた期間有効なSIMカードを前払いで、購入する形。

観光客が、海外で使うSIMカードは、「プリペイドSIM」が基本。

料金プラン (ツーリスト・タイプ)

2019年4月時点

料金プランは、時期によって、微妙に変更されるらしいが、

僕が、2019年の4月に、スリランカを訪れた時は、

観光客用のプランは、1つしかなかった

だが、

データ通信 : 「6GB (全日)」+「4GB (0時〜8時)」= 『10GB

しかも、『30日間有効』。

そして、なんと、料金は、『1300Rs (約845円)』。

僕は、日本の暮らしで、1ヶ月3GBの容量で十分なのだが、その3倍以上も容量がある。

これは、たとえ、2日間くらいしか、スリランカに滞在しないとしても、安い。

もし、日本でWi-Fiをレンタルしたら1週間で、1万3000円とかする!

SIMカードの初期設定

SIMカードって、買うのはいいけど、色んな設定が必要そう。」と思う人も多いかもしれない。

だが、Dialog (ダイアログ) の場合、

空港にあるダイアログのカウンターで、設定を全てしてくれるので、観光客は、スマホに入ってる日本のSIMカードと入れ替えるだけ。

そして、

その「SIMカードの電話番号」を知りたい時は

レシート

SIMカードを購入したら、上の写真にあるようなレシートをもらうと思うので、

そのレシートの僕が赤丸で、囲ってる部分に、あなたのSIMカードの電話番号が記載されてるはずだ。

もし、レシートをすぐ無くしてしまって、電話番号がわからない時も問題ない。

そういう時は、

近くにいるスリランカ人 (宿の人?ガイドの人?) の電話番号を教えてもらい、その人に電話をかけると、その人の携帯に、あなたの電話番号が表示されるので、そうやって知る方法もある。

空港で、SIMカードを購入出来る場所

出典 : Dialog公式サイト

スリランカについて、入国検査をして、預けた大きな荷物を受け取り、出口を出ると、空港の到着ロビーに出る。

そこでは、両替商の人たちが、ブースから、

こっちで両替できるよ。こっちがお得だよ。

と大声出してるはずだ。

Dialog (ダイアログ) のブースは、そのエリアの左奥にある。

因みに、その空港の到着ロビーは、小さいので、見つけるのは、簡単だ。

上の写真のブースは、空港のブースの写真なので、それを探すと良い。

速攻で、Dialogブースへ行くべし!

これだけお得なプランを持ってる Dialog (ダイアログ) は、もちろん観光客から大人気だ。

だが、ブースは、1つのみで、2人での対応となる。

なので、結構混む!並ぶ!

だから、空港で大きな荷物を受け取ったら、すぐに出口を出て、到着ロビーへ出て、

最初に、Dialog (ダイアログ) のブースへ行くんだ。

クレジットカードでの支払いも可能なはずなので、両替前に、そこへ行こう。

ちんたらしていると、30分以上、並ぶ羽目になる。

最後に

まとめ

スリランカSIMカードのまとめ

・データ通信 : 「6GB (全日)」+「4GB (0時〜8時)」= 『10GB

・有効期間 : 『30日間』。

・料金・価格 : 『1300Rs (約845円)』。

・購入方法 : スリランカ空港の到着ロビーにある Dialog ブース。

・SIMカードの設定 : 空港カウンターでやってくれる。

スリランカの観光ビザは、30日間までなので、期間も問題なし。

データについて、アプリから一応確認できる。

*アプリ名は、「MyDialog」*

iPhoneなら、App Storeからダウンロードできる。

僕は、このアプリでの見方がよくわからなかったが、

もし、データがオーバーした時は、アプリ。

もしくは、Dialog の公式サイトから、チャージ出来る。

その時は、クレジットカード(VISA, MASTER, AMEXのみ対応) での支払いとなる。

僕は追加のチャージをしなかったが、追加もなかなか安いらしい。

プチ・テクニック

ブースは、人気で並ぶので、チェックインで預けた大きな荷物は、ささっと受け取って、

速攻で、Dialog (ダイアログ) のブースへ!

日本で、Wi-Fiは、レンタルしなくていい!

正直言うと、Wi-Fiレンタルは、情報弱者から、お金を奪うビジネスである。

借りたい人は、借りていいと思う。

ただ、旅慣れてる僕からすると、Wi-Fiレンタルは、あり得ないほど高いし、実は、必要がない。

レストランやホテルでWi-Fiが使えない店が多いのは、世界でも、日本くらいだ。

日本は、観光客に対するシステムが、かなり不親切な国だからね。

発展途上国に行こうが、欧米に行こうが、ほとんどのレストランとホテルに、Wi-Fiは通ってる。

Wi-Fiレンタルをしないだけで、1万円以上はお金が浮くので、そのお金があるなら、良いホテルに一泊することもできる。

無駄な出費は抑えて、出来るだけ現地での体験に、お金を使おう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です