スリランカで、定番の観光地を紹介。[全部で、8つの世界遺産]




南アジアで、光り輝く島「スリランカ」。

インド南部に浮かぶ、この島国は、今でも、緑豊かで手付かずの自然を多く残し、ユニークかつ、古い歴史と文化を持つ。

そんなスリランカには、今現在、全部で、8つの世界遺産が登録されている。

*「6つの文化遺産」と「2つの自然遺産」*

スリランカは、様々な魅力を秘めた国だが、

具体的に、どんな自然や文化があるのか。

まだ、あまり知られてないように思う。

そこで今回は、スリランカの定番の観光地である「世界遺産」を紹介したい。

スリランカ8つの世界遺産

1. アヌラーダプラ (Anuradhapura)

スリランカ最古の都である「アヌラーダプラ (Anuradhapura)」。

なんと、今から約2500年以上前に築かれたと言われている。

つまり、イエスが生まれるよりも前の時代から存在していたということ。なかなかの歴史だ。

このアヌラーダプラの遺跡地区には、

大きな仏塔が複数あり、僧の生活の跡、お釈迦様が、その下で悟りを開いたとされる菩提樹の分け木など、実際に足を運んでみたらわかるが、まあまあ大きな敷地を誇る「仏教都市」である。

因みに、世界遺産に登録されているのは、「アヌラーダプラの遺跡地区」の部分。

現在の市民の多くは、旧市街と新市街の方に、住んでいる。

正直、アヌラーダプラは、

別に華やかじゃない場所ということもあり、海外から来た観光客には、割とスルーされがちなスリランカの世界遺産だ。笑

でも、ここを訪れずして、スリランカは語れないだろう。

スリランカの歴史を知る上では、欠かせない場所だし、是非一度、足を運んでみて欲しい。

関連記事 : 約2500年以上前に、築かれた都『アヌラーダプラ』には、どんな遺跡があるの?

2. ポロンナルワ (Polonnaruwa)

シンハラ王朝の2番目の都で、10〜12世紀に拠点となっていた「ポロンナルワ (Polonnaruwa)」。

これまた素朴で、あまり観光客には人気がないんだけど、、、

個人的には、スリランカの文化遺産の中で、最もお気に入りの場所かもしれない。

とにかく、遺跡地区全体が、落ち着く雰囲気で、平和だ。

自転車を借りて、のんびりと遺跡巡りをするのが、おすすめ。

色々見所はあるが、中でも、『ガルヴィハーラ (Gal Vihara)』という4つの石像 (涅槃像、立像、座像) は、必見だ。

関連記事 : ポロンナルワの大傑作『ガル・ヴィハーラ』は、見逃すな。

世界的には全然知られていないけれど、ミケランジェロ級の彫刻である。

こういう彫刻というのは、どうしても写真では伝え切れないものがある。

なので是非、自分の足を運んで、五感を研ぎ澄ませ、味わって来て欲しい。

関連記事 : ポロンナルワの仏教の中心地だった遺跡「クワドラングル」。

3. シーギリヤ (Sigiriya)

スリランカで、最も人気の観光地と言えば、「シーギリヤ (Sigiriya)」だろう。

みんな素朴な場所よりも、華やかな場所が、好きだよね。笑

シーギリヤロックは、5世紀の後半に、11年間だけ舞台となった謎多き岩山だ。

岩山の頂上には、王宮の跡があり、中腹の岩肌には、「シーギリヤレディー」と呼ばれる壁画がある。

ここを訪れる人の多くは、頂上を目指す。

けれど、高所恐怖症の人には、正直あまりおすすめは出来ない。

関連記事 : 高所恐怖症の人が、シーギリヤロックを登るのは、『地獄』!?

もしシーギリヤを訪れるのであれば、このシーギリヤロックに王宮を築いた「狂気の王カーシャパ」の物語を予習しておくと良い。

因みに、シーギリヤの近くには、「ピドゥランガラロック」というシーギリヤを一望できる場所もあるので、セットで訪れるのもアリだ。

関連記事 : シーギリヤ・ロックよりも、『ピドゥランガラロック』の方が、魅力的!?

4. ダンブッラ石窟寺院 (Dambulla Cave Temple)

1991年に世界遺産に登録された「ダンブッラ石窟寺院 (Dambulla Cave Temple)」。

石窟寺院」というは、世界的にも、なかなか数が少ない。

ダンブッラ石窟寺院には、第1窟〜第5窟まであり、洞窟内には、数多くの仏像と壁画がある。

この規模の石窟寺院は、日本にはないし、観光時間もあまりかからないので、シーギリヤに行く次いでに、訪れる人も多い。

但し、マナーとして、半ズボンは却下されるので、長ズボンや肌の露出が少ない格好で、入場する必要がある。

関連記事 : ダンブッラ石窟寺院観光 Part.1 (荷物を預け、チケットを購入)

因みに、ダンブッラとは、「水の湧き出る岩」という意味。

5. 仏歯寺 (Temple of the Tooth)

スリランカの古都『キャンディ』にある世界遺産の「仏歯寺 (Temple of the Tooth)」。

寺院の名前の通り、ここには、「仏陀の歯 (仏歯)」が祀られている。

*仏陀 =ゴーダマ・シッダルータ*

仏教国だったスリランカにおいて、「仏歯」というは、非常に重要視されてきた。

*現在の宗教人口比は、仏教70%,ヒンドゥー教10%,イスラム教8%,キリスト教11%という感じ。*

スリランカには、約2300年続いた「シンハラ王朝」という王国があり、過去3回、都を移している。

最初の都が、「アヌラーダプラ」、2番目は、「ポロンナルワ」、そして、最後の都が、

キャンディ』だ。

そして、この仏歯も、都が移るたびに、一緒に運ばれ、大切に保管されてきた。

それだけ大事にされてきたものなので、現在も、観光客が直接見ることはできない。

今は、本殿の奥に、そして、豪華な箱の中に奉納されている。

*因みに、数年に一度、気まぐれに公開されるらしい。*

だが、この仏歯寺には、シンハラ建築様式の「八角形の堂」や本殿へと続く通路がゴージャスだったり、建物の内側の世界も、かなり雰囲気がある

個人的には、スリランカの8つの世界遺産の中で、「仏歯寺」が、最もおすすめな場所だ。

関連記事 : キャンディの仏歯寺は、夕方のプージャの時間が、おすすめ。

因みに、『キャンディ』は、

日本で言うと、『京都』みたいな感じ。

現代都市というよりも、『古都』という言葉が、しっくりくるかもしれない。

6. ホートンプレインズ国立公園 (Horton Plains NP)

1〜5までは、文化遺産を紹介してきたが、次は、自然遺産を紹介したい。

ホートンプレインズ国立公園 (Horton Plains NP)」だ。

正式には、スリランカの中央高地である「ホートンプレインズ国立公園」、「ナックルズ保護森林」、「ピークウェルダネス保護区」の3つが、世界遺産に登録されている。

これらの地域には、綺麗な自然の他に、カオムラサキラングールなどの絶滅危惧種がいる。

僕は、実際に、ホートンプレインズ国立公園を訪れたが、なかなかアクセスしづらい場所にあって、しかも、「ここがスリランカなのだろうか?」と疑ってしまうような光景が広がる。

ハイキングにぴったりな国立公園で、一応「ワールズエンド」という絶壁を見ることもできる。

時間があるなら、是非訪れてみて欲しい。

関連記事 : ワールズエンド (地の果て) !?ホートンプレインズ国立公園で、ハイクを楽しむ。

7. シンハラージャ森林保護区 (Sinharaja Forest Reserve)

スリランカが、世界に誇る「シンハラージャ森林保護区 (Sinharaja Forest Reserve)」。

ここは、凄い!

固有種だらけのジャングルだ。笑

だだ、スリランカで、最もアクセスしづらい場所の1つでもある。

なので、本当に行きたい人しか、行けないだろう。

関連記事 : シンハラージャ森林保護区の行き方。デニヤヤ (南側) からのアクセス。

シンハラージャ森林保護区には、世界でもここにしか生息しない動物が、84種類もいると言われている。

保護区内では、一夜を過ごすことはできないので、2,3時間のハイキングが一般的だが、変わった動植物がたくさん存在している。

運が良ければ、カオムラサキラングールやセイロンガマグチヨタカにも、出会えるかもしれない。

関連記事 : シンハラージャ森林保護区で、過酷な25kmハイキングツアー。(目指せ、ライオンズロック!)

8. ゴールの旧市街と要塞 (Galle Fort)

14世紀頃に、アラブ商人たちの中継貿易港として繁栄していた港町「ゴールフォート (Galle Fort)」。

ザンジバル島のストーンタウンのように、

関連記事 : ストーンタウンの街歩きで見えてくる、ザンジバル人の暮らし。

最初に、ポルトガルの支配を受け、その後、オランダ、イギリスと占領され、独特な発展を遂げた町である。

ゴールの旧市街と要塞 (要塞とその砦に囲まれた町)」が、世界遺産に登録されている。

今では、この町を囲む砦の部分以外は、あまり歴史を感じられないが、美味しいレストランが、たくさんあったり、夕日が綺麗だったり、観光客に人気の町の一つである。

関連記事 : ゴールフォート内の観光方法!町歩きして、美味しいジェラートを食べ、夕陽を堪能せよ。

まとめ (次回は、裏番長編?)

いかがだっただろうか。

以上が、

スリランカに全部で8つある世界遺産だ

筆者は、一応、8つとも訪れた経験があるが、しいて、おすすめを一つ選ぶなら『仏歯寺』かな。

もちろん、全部良かったけれど、個人的には、1番印象に残っている。寺院の建築やデザインもそうだし、凄く雰囲気があった。

今回は、人気ある定番の観光地として、「世界遺産」をピックアップしたけれど、もちろん、スリランカには、他にも、様々な魅力がある。

そこで次回は、“ 裏番長編 ”として、

スリランカのマイナーな秘境』を6つ紹介できたらいいなと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です