ポロンナルワの大傑作『ガル・ヴィハーラ』は、見逃すな。




僕は、ブッダのことを尊敬してるが、仏教徒ではない。

でも、仏教徒だからとか、仏教徒じゃないからとかに関係なく、

このポロンナルワの4石像『ガル・ヴィハーラ (Gal Vihara)』は、見る価値があると思う。

これは、実際に、誰が作った作品なのかはわからない。

だが、ミケランジェロに、匹敵する彫刻の表現力だ。

ポロンナルワ遺跡群 (Polonnaruwa)

遺跡内の道路

ポロンナルワは、10〜12世紀の間にシンハラ王朝の首都があったところ。

*因みに、シンハラ王朝の初代首都は、アヌラーダプラ。*

そして、ポロンナルワの遺跡地区は、南と北に分かれてる。

南は、石立像とポドグルヴィハーラという古代の図書館跡だけあり、メインの遺跡は、全て北側にある。

ガルヴィハーラは、メインの北側のエリアの中央付近だ。

ポロンナルワの遺跡は、アヌラーダプラ遺跡地区と同様に、車やトュクトュク、自転車での移動が基本的だ。

僕は、自転車で回ったが、すごく落ち着いた空間で気持ち良かった。

ガル・ヴィハーラ (Gal Vihara) とは、!?

ガルヴィハーラ (Gal Vihara)」とは、一枚の岩に彫られた4つの石像の総称。

一枚岩に彫られてる

上の写真の1番右手にあるのが、涅槃像 (ニルヴァーナ)。

その隣の立像は、ブッダの1番弟子であるアーナンダとも言われてる。

座像 (柵あり)

こちらは、4石像の左から2番目にある座像。

この座像だけ、檻の中にある。

瞑想してる座像

1枚岩の最も左手にある座像。

瞑想をしている座像だ。

背後の壁にも、何か書かれてるが、個人的に、そのデザインも好き。

岩の色が、茶色と灰色の部分があって、細かいラインが、歴史を出してる。

ガル・ヴィハーラの魅力とは?

アーナンダ?

彫刻で最も表現するのが難しいのは、「人の表情」だと思うのだが、

そこが、見事である。

特に僕は、この立像がお気に入りだ。

上半身が微妙に斜めってるところとか、この立像の表情からは、色んなものを感じ取れる。

最後に

スリランカへ行ったことある人、もしくは、行こうとしてる人以外は、

きっとこの『ガル・ヴィハーラ (Gal Vihara)』のことを全く知らない人が多いと思う。

ある意味、知る人ぞ知る場所なのかもしれない。

でも、縁がある人は、きっとどこかのタイミングで訪れるだろう。

大傑作だから、実際に自分の目で見て、雰囲気や迫力、像の表情を感じてきて欲しい。

ポロンナルワの遺跡地区には、15ヶ所くらいの建造物があるのだが、ガルヴィハーラは、その中で、見逃せないポイントだ。

あとは、「クワドラングル」と「ランカティラカ」という遺跡も凄かった。

関連記事 : ポロンナルワの仏教の中心地だった遺跡「クワドラングル」。

関連記事 : ポロンナルワ遺跡のダークホース「ランカティラカ」は、必見!

時間がない人は、この3ヶ所だけ、訪れれば、十分だと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です