スリランカの知られざるマイナーな6つの秘境。




前回は、スリランカの人気で定番の観光地である「8つの世界遺産」を紹介した。

もちろん、その8つとも素敵なのだが、

スリランカには、まだまだ魅力的な場所が、たくさんある。

そこで今回は、あまりスポットライトの当たってない「スリランカの秘境」を紹介したい。

スリランカ6つの秘境

1.カタラガマ (Kataragama)

世界遺産ではないものの、スリランカ随一の聖地である「カタラガマ (Kataragama)」。

スリランカは、多宗教国家である。

国民の70%は、仏教徒だが、

ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教を信仰してる人も多い。

もちろん、仏教徒は、仏教寺院へ、イスラム教徒は、モスクに、キリスト教徒は、教会へ行く。

しかし、このカタラガマには、宗教に関わらず、国民の多くが訪れるのだ。

実際に訪れてみた感想として、

このカタラガマの地は、すごくゆったりとした空間で、居心地が良かった。

なんか、自然と肩の荷が降りる。

別に華やかなものも、これといった特別な物体があるわけじゃない。

でも、間違いなく、物質では満たせない素敵なものが、カタラガマにはある。

関連記事 : スリーパーダと並ぶ、スリランカ随一の聖地「カタラガマ」は、すごく居心地が良かった。

2. アダムスピーク (Adam’s Peak)

日本でいう富士山のような存在である「アダムスピーク (Adam’s Peak)」。

別名「スリーパーダ (Sri Pada)」とも言う。

ここも、先ほどのカタラガマと同様に、宗教に関わらず、多くの人が訪れる聖地だ。

スリランカのあちこちから、みんな御来光を拝みに、この山を登る。

僕個人的な見解だが、ここは、パワースポットと言えるだろう。

けれど、この場所を知っていても、実際に訪れることの出来る人は、どれほど少ないことか。

僕がこの山を登った時は、一人も日本人を見なかったし、この山を登る人のほとんどは、現地のスリランカ人だ。

関連記事 : スリーパーダの御来光は、想像以上に綺麗だった。だが、山頂は、大渋滞!?

夜中から半分眠りながら登頂したのだが、

アダムスピークの山頂から見た人生初の御来光は、想像以上に綺麗だった。

もし何か惹かれるものがあるのであれば、是非訪れてみて欲しい。

特に、体力があるうちに!

3. 奇跡の菩提樹 (Mihindu Aranya Senasanaya)

Mihindu Aranya Senasanaya

おそらく、スリランカに詳しい日本人でも、この名を聞いたことがないと思う。

ここは、どのガイドブックにも載っていないスリランカの秘境だ。

ものすごく大きな菩提樹なのだが、

場所は、アヌラーダプラとミヒンタレーのちょうど中間にある寺院の裏にある。

アヌラーダプラに滞在中、

たまたま出会ったトュクトュクのドライバーとミヒンタレーに向かっていると、そのドライバーが、勝手に僕をそこへ連れて行った。笑

そしたら、どっこい、

アヌラーダプラの有名なスリーマハー菩提樹よりも、すっごい奇跡の菩提樹とご対面した。

僕は生まれて初めて、「木のパワー」とやらを感じた。

もし、アヌラーダプラやミヒンタレーに行った時は、訪れてみて欲しい。

五感を研ぎ澄ませると、エネルギーを感じられるだろう。

関連記事 : 実は、アヌラーダプラには、「スリーマハー菩提樹」よりも、凄い『菩提樹』がある!?

4. ミヒンタレー (Mihintale)

スリランカで、最初に仏教が伝来した土地「ミヒンタレー (Mihintale)」。

仏教を愛したインドのアショーカ王の息子マヒンダが、当時のアヌラーダプラの王とご対面した場所だ。

因みに、ミヒンタレーとは、マヒンダにちなんでつけられたものである。

世界遺産に登録されているアヌラーダプラの方が知名度は上だが、

個人的には、ミヒンタレーの方が、おすすめかもしれない。

もちろん、アヌラーダプラにはアヌラーダプラの魅力があるのだが、ミヒンタレーは、凄い!

そして、夕陽がとても綺麗だ。

是非、夕方のサンセットタイムを目掛けて、訪れてみて欲しい。

ただし、意外と階段を登るので、少なくとも、1時間前には、到着しておきたいところだ。

関連記事 : 仏教伝来の聖地『ミヒンタレー』は、夕方が、幻想的。

5. ピドゥランガラロック (Pidurangala Rock)

日本人にはあまり知られておらず、欧米人には人気の「ピドゥランガラロック (Pidurangala Rock)」。

スリランカで人気ナンバーワンの観光地である『シーギリヤ』の近くにある大きな岩山だ。

山頂は、平べったくなっており、スリランカで最も綺麗なサンライズとサンセットを見ることが出来る場所の一つだ。

シーギリヤ』も、バッチリ見える。

個人的には、シーギリヤに登るよりも、「ピドゥランガラロック」の登る方が、おすすめだ。

関連記事 : シーギリヤ・ロックよりも、『ピドゥランガラロック』の方が、魅力的!?

シーギリヤに行くのであれば、是非、

この「ピドゥランガラロック」も、検討してみて欲しい。

6. ヘリタンスカンダラマ (Heritance Kandalama)

ジェフリーバワ建築の最高傑作の1つ「ヘリタンスカンダラマ (Heritance Kandalama)」。

そして、ここは、『ホテル』である。

だが、正直、世界遺産よりも、魅力的だ。

ホテル「ヘリタンスカンダラマ」の何が凄いかというと、凄さがわかりにくいところが凄いのだ。笑

僕は、ジェフリーバワを世界最高峰の建築家の一人だと思ってる。

でも、彼の建築したホテルは、凄い割には全然知られてない。

それは、写真では魅力が伝わりにくいホテルだからだ。

このホテルは、体感しないと、凄さがわからないところに、本当の凄さがある。

世界的に有名で立派なホテルが、「孔子」だとすると、

ジェフリーバワのホテルは、まるで、「老子」のようだ。

関連記事 : 自然と一体化したバワ建築のホテル「へリタンスカンダラマ」に、二泊三日した正直な感想!

とにかく、実際に泊まってみないと、何が凄いのかよくわからないホテルなのだ。

だから是非、実際に泊まってみて欲しい。

そして、ジェフリーバワが建築に込めた思いを感じてみて欲しい。

まとめ (スリランカの魅力)

いかがだっただろうか。

おそらく、6つとも知っていた人はいないはず…。笑

今回は、「スリランカには、こんなところもあるんだよ。」ということで、あまり知名度はない魅力的な場所をピックアップしてみた。

僕は、スリランカにある8つの世界遺産も全て訪れているが、

これら6つの場所は、特に印象に残ってる。

そして、魅力的だった。

これからスリランカへ行く上で、この記事が一つの参考になれば、嬉しいなと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です