自然と一体化したバワ建築のホテル「へリタンスカンダラマ」に、二泊三日した正直な感想!




建築は、体験するものである。

今の時代、写真の技術が発達し、実際よりも、写真の方が凄いホテルは、この世に、ごまんとある。

だが、ジェフリーバワの建築は違う。

写真では、彼の建築物の良さを十分に伝えることは不可能だ。

なぜなら、彼が最も凄いのは、『』と『空間』を操るところだから

自然と一体化した「へリタンスカンダラマ」へ

① 岩肌がむき出しになったロビー

岩をあえて残す

上の写真のように「自然の岩が露出してる廊下」の写真を見たことある人が多いかもしれない。

このように、元々あった自然をできるだけ残し、その土地の自然にうまく溶け込むように建築されたのが、ホテル「へリタンスカンダラマ (Heritance Kandalama)」だ。

しかも、ただそれだけじゃない。

これは、実際に、この廊下を歩かないと分からないのだが、

この廊下の「風が、超絶心地良い」のだ!

ホテルに泊まって生活してると、ジェフリーバワが、風を操ってることを実感する。

彼が生前、「建築とは体験するものである」と語った意味が、実際に泊まってみると、肌で実感できる。

風を計算するのって、かなり難しいし、多くの建築家は、そこにあんまりこだわってないけど、彼の頭には「常に風の流れがあった」ように思う。

② インフィニティープール

湖と一体化して見えるプール

「インフィニティープール」

という言葉を聞くと、

シンガポールの有名なホテル「マリーナベイサンズ」の屋上のあるプールをイメージする人が、多いかもしれない。

今は、世界中にあるインフィニティープールだが、

実は、インフィニティープールの発案者は、ジェフリーバワであり、元祖は、このへリタンスアフンガッラのインフィニティープールらしい。

上の写真のように、プールと湖が繋がってるように見え、プールが永遠に続いてるように感じる。

ジェフリーバワは、プールまでも自然と一体化するように建築した。

写真では何度か見たことがあったが、実際に、インフィニティープールを間近で見てみて、「こりゃすごい。」と思った。

しかも、プールに入って、湖を見ると、すごく心地良い!

もし、へリタンスカンダラマに泊まったら、実際にインフィニティープールに入ってみて、是非、体感してみて欲しい。

③ 絶妙に隙間のある部屋 (密閉されてない)

ジェフリーバワの建築は、ただ自然と一体化するだけじゃなく、デザインもお洒落である。

部屋の中もシンプルで、お洒落で、かなり落ち着く。

個人的に、フォーマルでゴージャスな空間よりも、カジュアルでお洒落な感じが、1番好き。

実際に泊まって見るとわかるのだが、

実は、部屋のドアと地面の間が少し開いている

しかも、これが絶妙な感じで、

朝になると、鳥のさえずりが、部屋の中へ良い感じに聞こえてくる

まるで自分が自然の中で寝ているかのように、部屋のクーラーで涼みながら、自然の中にいる体験を出来る。笑

もし部屋を密閉してしまったら、自然から切り離された部屋になっていただろう。

彼の建築は、体験する価値がある!

④ 廊下と森の境目が、よく分からん。笑

廊下も広くて、圧迫感を感じない。

無駄なものも一切なく、シンプルだ。

廊下のすぐ横には、森がある。

ホテルの廊下

部屋のドアと地面の間に隙間があると書いたが、それは、多くのホテルも同じ。

でも、少し若干、広めにそれよりも開いてある。

そして、廊下も閉ざされた空間ではなく、森との境目もよく分からない感じだ。

だから、常に自然の中で、快適に暮らしてる気分になる。

きっと彼には、境界線を明確にしない人なのだろう。

西洋的な考えと真逆な思考だ。

へリタンスカンダラマには、中庭的なものはなくて、森の中の湖のほとりに紛れてるホテルという感じ。

上の写真の木のエリアは、ホテルの裏っ側の森。

この森には、野生の猿が3種類とスリランカオオリスもいる。

ハイイロオナガザル
イタズラ好きの猿
スリランカオオリス

これらは、全てホテルの廊下から、撮った写真であるが、絶滅危惧種のカオムラサキラングールも、1,2回見かけた。

すぐに逃げられたけど。

木の蔓が、ホテルを覆い囲んでいて、森と隣り合わせで、常に自然にいる気分を味わえる。

因みに、ジェフリーバワは、時の流れと共に、このホテルが、緑に埋もれるように設計したらしい。

実は、建築だけでなく、飯も美味い!?

建築が凄くて、建築やデザインばかりに注目されるへリタンスカンダラマだが、

実は、ご飯も美味しい!

基本的に、レストランのブッフェスタイルで、種類も豊富で、味も良き。

ご飯に関しては、別の記事で詳しく書いたので、下の記事を参照して欲しい。

関連記事 : バワ建築のホテル「へリタンスカンダラマ」の食事が、最高過ぎた。日本のホテル顔負け!?

二泊三日以上が、おすすめ!

全長1km以上ある

自然と一体化したホテル「へリタンスカンダラマ」は、全長約1kmある。

とにかく、見所がたくさん詰まっていて、二泊三日でも、全部見切れなかった。

ホテルにショピングセンターがあるわけじゃないのに、ホテルがまるで観光地のように多くの魅力があった。

彼の建築を研究したり、リラックスしたり、インスピレーションをもらったり、プールに入ったり、ブログを書いたり、素晴らしい時間を過ごせる。

ジェフリーバワお気に入りの場所

せっかく、スリランカのど真ん中にある僻地のホテルに来て、一泊二日は、逆に勿体無い。

高級ホテルだが、一泊130USドルから泊まれるし、この建築とご飯の美味しさから考えると、もし日本にあったら、一泊6,8万以上すると思う。

僕は、二泊三日したけれど、最低でも、二泊三日がおすすめだ。

*2019年4月9日〜4月11日に滞在しました*

建築好きは、1週間くらい滞在する価値あると思う

建築の勉強と考えれば、かなりコスパ良い。

それに、学ぶことたくさんあるし、体験しないと分からないことだらけだ。

「風」と「空間」は、写真ではどうしても伝えられない。

是非、自然と一体化したホテル「へリタンスカンダラマ (Heritance Kandalama)」に泊まってみて、ジェフリーバワの建築を体験してみて欲しい。

デザインに関しては、この記事であまり触れられなかったので、また別の記事で紹介予定です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です