バワ建築ホテル「ジェットウィング ライトハウス」の食事は、美味しくて、種類も豊富!




ジェフリーバワ建築の1つで、スリランカ南西部のゴールにある「ジェットウィング ライトハウス (Jetwing Lighthouse)」。

バワ建築の中でも、彼が晩年近くに手掛けた「最高傑作」だと言われてるホテルだ。

多くの観光客は、彼の建築やデザインを体感するために、このホテルへ泊まるのだが、

実は、食事も美味しい!

ということで今回は、ホテル「ジェットウィング ライトハウス」の食事面を中心に紹介出来たらいいなと思う。

ジェットウィング ライトハウスの食事

僕は、このジェットウィングライトハウスに、一泊だけしたのだが、滞在中に、遅めのランチ、ディナー、朝食の計3回、食事を利用した。

まずは、僕が14過ぎに、チェックインした後に、軽くつまみを食べたランチから紹介したい。

ラウンジで、軽食。(遅めのランチ)

こういうラウンジスペースで、軽食を食べれる。

軽食のメニューは、こちら。

一応、軽食のメニューだが、「11時〜23時」まで、注文出来るようだ。

BBQ Chicken Winglets (12pieces)

僕は、「BBQ Chicken Winglets (12pieces)」をオーダーした。

普通に美味しかったので、一瞬で、たいらげてしまった。

これを日本で食べたら、2倍以上する気がするので、「700Rs (約455円)」は、意外と安い気がする。

まあ、スリランカの物価から比べると、少しお高いけれど。

海風を感じながらの軽食は、最高だった。

ただ、4月末〜10月末までの雨季の時期は、海が荒れて、波しぶきが来ることもあるので、11月〜3月の乾季の時期が、1番おすすめかもしれない。

ディナー

続いては、ディナーを紹介したい。

ディナーには、ブッフェとセットメニューの2パターンあるのだが、それは、その日のお客さんの人数などで決まるらしい。

僕が宿泊した時は、平日で、コロンボのテロの影響もあり、宿泊客は、結構少ない方だったように思う。

2階の広いラウンジのどこかに、こんな看板を見つけた。

僕が宿泊した日のディナーは、「Set Menu」と書かれてる。

なので、ブッフェスタイルではなく、メニューから注文して、オーダーするスタイルのようだ。

レストランエリアのスタッフに、1名だと告げると、端っこの片隅に案内された。笑

確かに、レストラン内は、全部見渡せる席だけれども。笑

正直言うと、このホテル「ジェットウィングライトハウス」は、

同じくジェフリーバワが手掛けたスリランカ内陸部にあるホテル「ヘリタンスカンダラマ」とは違って、あんまり1人で宿泊するのは向かないかな。

部屋も、ゴージャスな雰囲気だし。

どちらかというと、カップルに、ピッタリのホテルだ。

ディナーメニュー

他にも、たくさんメニューはあるが、僕は、「ナシゴレン (Nasi Goreng)」の卵なしに。

料金は、「1300Rs (約845円)」だが、スリランカのお高いサービスチャージなどは、Exclude と書かれてるので、この金額は、それらが抜かれた価格らしい。

ナシゴレンを注文したら、パンが出てきた。

右側の丸いパンの表面には、チリパウダーが付いてて、凄く美味しかった。

因みに、パイナップルの刺さったドリンクは、ノンアルコールドリンクの「BORA BORA (460Rs)」というやつ。

ノンアルコールメニュー

結構海外では、ノンアルコールドリンクのことを「Mocktails」と表記されてることが多い。

もし疲れ気味だったりして、アルコールを控えたいときなどは、おすすめだ。

Nasi Goreng

しばらくすると、「ナシゴレン」が、到着。

お皿の片隅にある串に刺さってるのは、エビとラム (羊の肉)。

パッと見は、あんまりボリュームないように見えるが、意外とお皿の深さがあり、全部食べたらお腹いっぱいになった。

ナシゴレンは、正直、少しスパイシーで辛かったが、味は凄く美味しかった。

Curd & Treacle (550Rs)

デザートには、「Ruhunu buffalo Curd with kithul treacle」を。

関連記事 : スリランカのデザート『Curd (水牛のヨーグルト) & Kitul Treacle (孔雀椰子の花蜜)』が、めちゃ美味し。

この記事でも、紹介しているが、「Curd & Treacle」は、スリランカの人気デザートだ。

スリランカに来たからには、是非一度、試食してみて欲しい。

朝食 (ブッフェスタイル)

場所は、ディナーと同じところ。

ディナーは、セットメニューだったが、朝食は、ブッフェだった。

僕は、朝食込みで、ホテルの予約をしたので、1000円くらいだったが、部屋の料金とセットではなく、朝食を頼むと、2000円くらいするので、

予約の際に、朝食込みで予約するのが、おすすめ

ジャムは、パッションフルーツやマンゴーもあるが、ウッドアップルもある。

スリランカ料理

こちらのコーナーは、スリランカ料理。

カリーを中心に、並んでた。

他には、目玉焼きやワッフルなど、その場で調理する系のコーナー。

ブッフェになると、偏ったおかずになる…。

味は、普通に美味しい。

ヘリタンスカンダラマのブッフェの方が、美味しかったかもしれないが。

関連記事 : バワ建築のホテル「へリタンスカンダラマ」の食事が、最高過ぎた。日本のホテル顔負け!?

ただ、ジェットウィングライトハウスのブッフェの方が、スリランカの個性を推した食べ物が多いのは、魅力的だ。

Mukunuwanna」という薬草のスープだったり。

味は、抹茶パンプキンみたいな感じだった。

上の写真の看板に書かれてる情報によると、消化や胃の障害に効果があるようだ。

あとは、「Wood Apple (ウッドアップル)」とか。

スリランカではよくジャムとして見かけるんだけど、このホテルのブッフェでは、フルーツとして、食べられた。

上の写真のように、殻は触ってみるとわかるが、凄く硬い。

カチコチ。笑

で、その殻の中にある果肉を食べることができる。

果肉の外見も、あんまり美味しくはなさそうだが、凄く栄養のあるフルーツらしい。

ビタミンCやポリフェノールの含有量が、非常に高いみたい。

ウッドアップルは、なかなか貴重なので、是非、スリランカに来た時は、試してみて欲しい。

Curd & Treacle

因みに、ディナーのところでも紹介したが、

朝食では、スリランカのデザート「Curd & Treacle (水牛のヨーグルトと孔雀ヤシ蜜)」が、ただで食べられる。

*ただというか、朝食のブッフェ代に含まれてるので、個別に注文せずに食べられる。*

この「Jaggery (ジャガリー)」というのは、先ほどの「Kitul Treacle (孔雀ヤシの花蜜)」から作られる精製されていない砂糖のこと。

さっぱりとした甘さで、変な甘さがなく、美味しかった。

他には、Chickpea (ヒヨコマメ) とか、Fresh Snake Gourd (ヘビウリ)、Starfruit (スターフルーツ) などもあったし、

紅茶は、スリランカの3つくらいの産地からどれかを選べる感じだったし、

ジェットウィングライトハウスの朝食は、スリランカの魅力ある食材を生かした食べ物が多いのが、凄く魅力だった。

朝食やディナーを食べる大きな部屋は、デザインもお洒落で、天井のところどころには、目立たないような工夫も見られた。

さすが、ジェフリーバワ建築のホテルだ。

最後に

ホテルの螺旋階段にあるラキ・セナナヤケのオブジェ

今回は、ホテル「ジェットウィング ライトハウス (Jetwing Lighthouse)」の色んな魅力の中でも、『食事』にフォーカスして、紹介した。

やっぱり、ホテルの宿泊において、『食事』って、すごい大事だと思う。

いくら部屋がお洒落でも、建築がすごいホテルでも、見学するだけなら良いが、

宿泊するのであれば、食事がまずいと、あんまり素敵な滞在だったという気持ちにはならない気がする。

ホテルとなると、スタッフの対応も大切だし、食事の美味しさも、素敵な滞在に大きく関わってくる。

ジェフリーバワの建築したホテルは、建築やデザインにばかり、注目されがちだが、

ジェットウィングライトハウスは、『食事』も魅力的なホテルだということが、この記事を通して、少しでも伝われば嬉しいなと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です