バワの事務所だった「バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェ」は、是非一度、足を運んで欲しい。




スリランカのコロンボにある「バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェ」。

ジェフリーバワの事務所だった建物を改装して出来たカフェである。

造りやデザインが、お洒落で、独特なバワ建築を体験できる唯一のカフェだ。

実際に行ってみて凄く良かったので、デザインや建築の部分、おすすめの料理屋ドリンク、料金も含めて、紹介したいなと思う。

バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェ

コロンボは、スリランカの実質首都のような場所で、結構大きい街だ。

その中でも、この「バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェ」は、

コロンボ中心部から南の方へ、車で20分ほど下った“ バンバラピティヤ ”というエリアにある。

僕は、このカフェのすぐ近くにある「Clock Inn Colombo」というユースホステルに滞在していたので、コロンボ滞在中に、宿から徒歩で訪れた。

バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェは、上の地図の赤いレストランマーク

大通りと大通りの間にある静かな裏通りにある。

僕が行った日は、スリランカでテロが起きた、ちょうど1週間後。

たくさんのお店が閉まってる中で、空いてるか心配だったが、普通にオープンしてた。

中へ入っていくと、車がたくさん停まってる。

このカフェの敷地に入ってきて、最初に目に留まったのは、「」。

木の伸びていく方向が凄い。

普通なら、こういう木って、取り除いてカットする人が多いと思うんだけど、細かな工夫がみられる。

木をこうやって支えて、木がカフェに入ってくる人の邪魔にならないように、残してる。

元々あったものは、出来るだけ残しながら、建築していくスタイルは、このカフェにも健在だった。

それでは早速、建物の中へ入って行こう。

この正面の通路もシンプルで、バワらしさを感じる。

駐車場からは見えなかったが、通路には、こういうスペースもあった。

最初の通路を通り抜けると、出てきたのは、微妙に和風を感じるスペース。

屋根のかかってない空間も、独特な雰囲気が漂ってる。

なんか、この空間は、ゴールにある「Jetwing Lighthouse」の最上階の空間と似ていた。

Jetwing Lighthouse

空間の感じが似ていた。

これが、駐車所のところから見えてきた円形のやつだ。

ここまできてようやく、カフェの中。

自分が思ってたよりも、フォーマルな感じのおしゃれ感。

手前のスペースは、どちらかと言うと、高級ホテルのラウンジっぽい。

僕は、少し奥の方の席に座った。

テロの1週間後ということもあり、お客さんが少なかった。

普段は、もっとたくさんいるみたい。

独特だけど、きちんと統一感はしっかりとある。

ジンジャービアー

メニューを見たら、美味しそうなのがたくさんあったけど、卵と牛乳アレルギーの自分的には、いつも通り、メニューの選択肢は限られる…。

飲み物は、「自家製のジンジャービアー (565Rs)」。

市販のジンジャービアーよりも、美味しい。

Black Pork Curry

僕は、14時頃に、このカフェに来たのだが、まだ昼飯を食べてなかったので、ご飯も注文した。

オーダーしたのは、「Black Pork Curry (ブラックポークカリー)」。

おしゃれに変身したスリランカカレーって感じで、普通に味も良かった。

お皿も、シンハラ語がお洒落に書かれている。

料金は、「1895Rs (約1230円)」と良い値段だった。

店内は、こんな感じ。

ところどころに、よく壺が置いてある。

バワお気に入りのインテリアのようだ。

店内には、屋根のないスペースある。

バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェ」は、Wi-Fiも通じる

ただ、作業には適してない空間かな。

どちらかというと、仕事の打ち合わせとか、話を中心に時間を過ごしたり、カフェのデザインや建築を観察したり、そういう時間の過ごし方が、個人的には、おすすめだ。

ドリンクやフードも美味しいが、料金は良い値段するので、お金に余裕がないと頻繁にはこれない店だ。

でも、是非、一度足を運ぶ価値のあるカフェだと思う。

こんな独特なカフェ、滅多にない。

カフェの中から、駐車場の方へ戻っていく途中には、ショップもある。

すごく狭いスペースに、たくさんの商品が置かれてる。

実際に中へ入ってみると、正直狭いなぁと感じるが、置かれてる商品はちゃんとしてる。

ショップの営業時間は、「10時〜22時半」。

紅茶も、コップも、本も、色んな商品が並んでる。

一度中を見てみる価値のあるショップだった。

最後に

とにかく、ジェフリーバワの建築のホテル・カフェ、全てに言えることは、

体験するもの』だということ。

彼の建築物の良さは、写真だけじゃわからないし、動画だけでもわからない。

五感で感じないと、彼の建築の良さは理解できない

彼のホテルに泊まるとなると、一泊だけでも、最低130ドルくらいはかかる。

そう考えると、確かに、安くないカフェではあるが、ご飯を食べたとしても、2000円以内で、ジェフリーバワの建築を体験出来るのだから、安いもんだ。

コロンボに来たら、是非、一度足を運んでみて欲しい。

バラダイス ロード ザ ギャラリー カフェ (The Gallery Cafe)」は、毎日営業で、

営業時間は、「10時〜0時」まで。

お昼に行くのと、夜に行くのでは雰囲気も違うと思うので、もし時間に余裕あるなら、違う時間帯に二度訪れてみるのもありかもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です