約2500年以上前に、築かれた都『アヌラーダプラ』には、どんな遺跡があるの?




約2500年以上前に築かれたスリランカ最古の都『アヌラーダプラ』。

アヌラーダプラには、どんな遺跡があるのか。

今回は、アヌラーダプラ遺跡地区にある「主要遺跡13ヶ所」を紹介したいなと思う。

主要遺跡13ヶ所

1. イスルムニヤ精舎 (Isurumuniya Vihara)

イスルムニヤ精舎は、アヌラーダプラ遺跡地区の最も南にある主要ポイント。

ここは、US25$のチケットは必要ないが、入場料を別途200Rs支払う必要がある。

カラフルな涅槃像や恋人の像など、アヌラーダプラへ来たからには、見逃せない遺跡の1つだ。

詳しくは、こちらの「アヌラーダプラを代表する寺院の一つ『イスルムニヤ精舎』。」という記事に書いてるので、興味のある人は、そちらを見て欲しい。

2. ミリサヤティ・ストューパ (Mirisaweti Stupa)

ここは、野良犬と野良猫の住処になってる。笑

ぐったりとした彼らを観察したり、写真を撮ったりするのが好きな人には、おすすめだ。

3. トューパラーマー・ストューパ (Thuparama Stupa)

ここは、遺跡地区の中でも、重要なポイントの1つ。

仏陀の右鎖骨が、祀られてる仏塔だ

信仰深い仏教徒の姿を目にすることもあるだろう。

4. ランカラーマ・ストューパ (Lankarama Stupa)

ここは別にスルーしてもいいかもしれない。

だが、一応遺跡巡りのポイントになってる1つだ。

5. ムーンストーン・サイト (Moonstone Site)

別名 : クイーンズパビリオン (Queen’s Pavilion)。

ここは、王妃の建物の跡で、建物跡の入り口の階段前には、状態の良い「ムーンストーン」がある。

ムーンストーンとは、半円形をしていて、動物やハスの花が刻まれてる。

そして、この動物は、輪廻転生を表している。

ゾウが誕生、馬が老年、ライオンが病、牛が死を象徴。

6. ラトュナ・プラサーダ (Ratna Prasada)

スリランカにあるガードストーンの中で、最も美しいガードストーンの1つだと言われてる。

ガードストーンとは、魔除け石。

階段の脇に、ガードストーン。階段の手前に、ムーンストーン。

これが、スリランカの仏教の基本形。

7. 象の池 (Elephant pond)

この池の近くには、米びつなど、僧の生活の跡がある。

かつての面影はあまりないが、たくさんのモンクが生活していたのは、想像できる。

8. アバヤギリ大塔 (Abhayagiri Dagoba)

ここは、個人的に、最も印象に残ってる大塔。

雰囲気あるし、アヌラーダプラで最大の塔で、敷地もデカい。

アバヤギリ大塔』も、アヌラーダプラの遺跡見学で、見逃せないポイントの1つだ。

9. サマーディ仏像 (Samadhi Buddha Statue)

ここは、歴史ある「仏陀の像」が、あるだけだが、

かつてはこの像の背後に、菩提樹があり、仏陀がインドのブッダガヤで悟りを開いたそのままの姿だったらしい。

10. クッタムポクナ (Kuttam Pokuna)

別名 : ツインポンズ (Twin Ponds)。

名前通り、同じ池 (沐浴場) が、2つ連なってる。

この沐浴場は、すごく計画的な作りで、箱のデザインや形が、とても人工的だ。

11. ジェータワナ・ラーマヤ (Jatavana Ramaya)

僕が、午前中の最後に訪れたのが、ここ。

アバヤギリ大塔に次いで、アヌラーダプラで2番目に、大きな塔かな。

外見とかも、すごく似てる。

12. スリーマハー菩提樹 (Sri Maha Bodhi Tree)

僕は、この「スリーマハー菩提樹」と次に紹介する「ルワンウェリサーヤ大塔」は、夕方に訪れた。

この2ヶ所は、ライトアップされるので、夕方に訪れるのも、おすすめ。

関連記事 : 「スリー・マハー菩提樹」と「ルワンウェリ・サーヤ大塔」は、夕方から夜もおすすめ!

13. ルワンウェリ・サーヤ大塔 (Ruwanweli Seya Dagoba)

夕方になると、多くの現地の人が訪れる「ルワンウェリ・サーヤ大塔」。

ここも、見逃せないポイントの1つだ。

まとめ

これら約13ヶ所を車やトュクトュクで移動しながら、約4時間かけて巡るのが、一般的な周り方だ。

トュクトュクで移動する場合の相場は、「約4時間で、2000Rs」。

パパパっと、回る分には、4時間で十分だが、きちんとマイペースに回るなら、6時間は欲しい。

じっくりと回りたい方には、おすすめのやり方がある。

詳しくは、下の記事で、書いている。

関連記事 : 「スリー・マハー菩提樹」と「ルワンウェリ・サーヤ大塔」は、夕方から夜もおすすめ!

最後に

遺跡地区の「入場料」に関してだが、

ここで紹介した13ヶ所のうち、10ヶ所は、「US25$のチケット」を購入していないと見学出来ない。

チケットは、遺跡内の何ヶ所かで、チェックされる。

因みに、このチケットは、チケットを買った日のみ有効

これは、世界遺産の入場料なので、もし入場料を払わずに、観光していたら、罰金など、厳しく処罰される可能性もある。

この入場料は、きちんと払おう。

また、最初の『イスルムニヤ精舎』、2番目の『ミリサワティ・ストューパ』、12番目に紹介した『スリーマハー菩提樹』。

この3ヶ所は、「US25$のチケット」と関係ない。

イスルムニヤ精舎に関しては、別途200Rsだ。

遺跡の観光方法やマナーは、別の記事に詳しく書いてるので、そちらを参照して欲しい。

関連記事 : アヌラーダプラ遺跡地区の『観光方法』と『最低限のマナー』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です