トム・ソーヤの最新おすすめ洋楽 (2021年3月リリース分)




毎月、「最新おすすめ洋楽」と題して、その月にリリースされた新曲の中から、個人的に素晴らしいと感じた曲を選んだプレイリストを、Spotify上で、公開しているのだが、今回は、その一部だけをピックアップして、紹介したいなと思う。

3月の最新おすすめ洋楽

1. ILLENIUM and Iann Dior- First Time

この“ First Time ”のデモは、元々、Lost King (ロストキング) が、最初に公の前で、初めてプレイした。

その時は、彼らの特徴的なドロップだったが、主な部分はデモと同じまま、Illenium テイストになって、公式にリリースされた。

中でも、特に、魅力的なのは、

ギターのサウンド ”だ。

おそらく、デモを持っていたプロデューサーは、最終的に、illeniumバージョンを気に入ったのだろう。

illenium は、メロディーの天才で、トラップ系とか、ダブステップ系の印象も強いが、オルタナティブロックバンド系も、得意である。

毎回、期待以上に曲を仕上げてくるあたりが、さすがだなぁと思う。

2. Fells – Searching For Nothing (Lyrics) feat. Pouchy Suave

プログレッシブハウス!

爽やかで、カッコいい曲が好きな人に、おすすめ。

Fells は、まだ公開しているシングル(リミックスも含めて)が、10曲くらいしかないけど、どれもイケてるので、この曲が気に入った人は、是非彼の他のシングルも、聞いてみて欲しい。

個人的には、“ Rush ”とか好き。

3. Ali Gatie – Do You Believe with Marshmello & Ty Dolla $ign

Ali Gatie (アリ・ガティ) と言えば、

こういう、少しスローテンポで、落ち着いた感じのラブバラードだが、

今回は、マシュメロとのコラボ曲ということもあって、ちょっとだけ、EDM感もある。

個人的なイチオシ : Ali Gatie – It’s You

4. Zara Larsson – Need Someone

正直に言うと、

Zara Larsson (ザラ・ラーソン) の歌は、個人的に凄く飽きやすい。

いつも聞いた瞬間に、「あ、ザラ・ラーソンの曲だ!」って、わかってしまうほど、彼女の歌はどれも、彼女自身が、全面に出過ぎている。

だからこれまで、彼女のシングルを、ほとんどリピートしたことがない。

でも、この曲は聞いた時に、

Zara Larsson の曲だと、すぐに認識できなかった。

そのくらい、今までの彼女のシングルと比べて、斬新さがあったのだ。

この曲自体を作ったのは、彼女ではないが、

メロディーが、特に素晴らしい

それでいて、彼女の個性が全面に出過ぎていない感じが、ちょうど良い!

アーティストや作家にとって、個性は必要だが、それを全面に出し過ぎると、鼻に触るというか、真の個性ではなくて、ただのエゴになってしまう。

その辺が、最も難しい部分の1つだけれど。

5. Loud Luxury & Ship Wrek – Amnesia (feat. Gashi)

Loud Luxury (ラウド・ラグジュアリー) は、ちょっと重低音気味のしっかりとした音で、はっきりとリズムを打つEDMプロデューサー。

Amnesia ”は、まだ全然注目されていないが、地味にカッコいい!

リズムも、凄く良いし、ボーカルの個性とバッチリ合っている。

まだ聞いたことな人は、是非聞いてみて欲しい。

6. Lost Frequencies – Rise

Lost Frequencies (ロスト・フリクエンシーズ) と言えば、

Are you with me ”かもしれない。

*リンクは、Spotifyへ。*

でも彼は、決して、一発屋ではなく、ヒットメーカーだ。

アルバム「Alive And Feeling Fine」なんて、良曲だらけだし、彼の曲は、リズムの素晴らしさ以外に、格好良さもある。

歌詞も、意外と男前だったりする。

この曲“ Rise ”も、とても魅力的で、聞けば聞くほど、味が出てくる。

ロスト・フリクエンシーズは、ボーカルの個性を、存分に引き出す天才だ。

7. Justin Bieber – Peaches ft. Daniel Caesar, Giveon

この曲の歌詞にある“ I got my peaches out in Georgia (Oh yeah shit) ”の“ Oh yeah shit ”の部分が、

もやし」に聞こえる!笑

個人的に、その部分が特にツボで、何回も聞いてしまう。

なんだかんだで、Justin Bieber は、毎回新しいことに挑戦してくるよな。

8. “To Begin Again” – Ingrid Michaelson x ZAYN

Zayn (ゼイン) は、仕事が出来るタイプの人だ。

そして、見かけ以上に賢い。

パッと表に出て仕事をして、その後は、すぐ表舞台から引っ込む。

まるで、ビヨンセのようなタイプのアーティストだ。

メディアというのは、距離感をとるべき相手だ。必要な時だけ利用する。という姿勢で十分だ。

必要以上に、表に出てる期間が長いと、足を引っ張られる。

パッと出て、必要な仕事だけしたら、後は引っ込むのだ。

メディアは、山頂と同じで、長時間滞在する場所じゃない。

登ったら素早く下山するのが、アーティストとして、長生きするコツだと思う。笑

この曲に関しては、個人的に、この9曲の中で、最もおすすめだ。

引き込まれるバラードで、特に女性の歌声が素晴らしいね。

9. Imagine Dragons – Follow You

世界を代表する人気ロックバンド Imagine Dragons (イマジン・ドラゴンズ)。

僕が初めて、洋楽に関心を持ったきっかけが、彼らの“ It’s time ”というシングルだった。

それはさておき、

この曲“ Follow You ”は、是非、ミュージックビデオも、見てほしい

一言、最高だ。

彼らの音楽は、Justin Bieber のような薄っぺらい歌詞とは違って、歌詞も紳士的で、男前だし、このPVのようなユーモアも、兼ね備えている。

上の動画は、日本語字幕も選べるので、英語がわからなくても、楽しめるはず…。

プレイリスト公開中 (On Spotify)

この記事では、9曲だけに絞って紹介したが、「3月のオススメ最新洋楽」には、50曲近くある。

今回紹介しきれなかった素晴らしい曲も、たくさんチョイスされているので、興味のある方は、是非。

関連記事 : 【YouTube限定シリーズ】: オススメ洋楽 Vol.1 (Good Remix 編)

Apple Music, Spotify などで聞くことが出来ないシングルを紹介した記事もあるので、合わせてどうぞ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です