大学生の時に読むと、その後の可能性が大きく広がる本8冊!




大学生って、自分の将来について、最も悩む時期なのではないだろうか。

就活も控えてるし、自由な時間も多く、じっくりと自分と向き合える状況だから。

僕自身、大学生の頃は、常に将来のことを悩んでいた。

自分は、どんな仕事をしていきたいのか?

自分が人生でやりたいことって、何だろう?

でも、漠然とした将来しか見えず、ひどく、もがいていたのを覚えてる。

それに、19才, 20才の頃って、親の仕事しか知らないものだ。

親の世界自分の世界

みたいな。

だがそれだと、将来の自分の可能性は、限りなく狭まってしまう。

僕はこれまでの経験から、自分の将来の可能性を広げるためには、「」と「」が、最も有効的な手段だと思っている。

そこで今回は、僕が大学生の時に読んで、実際に、その後の可能性や視野が広がった本を「8冊」紹介したい。

本当は、7冊とか、キリの良い数字にしたかったけど、「8冊」という微妙な数字になってしまった。。。

でも逆に、その方が、リアルかもしれない。

大学生に、おすすめの本8冊!

1. ユダヤ人大富豪の教え (by 本田健)

ユダヤ人大富豪の教え」は、ストーリー性もあり、面白いから、けろっと読み終わる。

本の主人公の年齢も、20歳なので、自然と自分を重ねやすいんじゃないかな。

著者の本田健さんは、これまでに100冊以上、世に本を出しているのだが、

この「ユダヤ人大富豪の教え」という本は、その中の70冊分の内容が、1冊に凝縮されてるような内容の濃さだ

だから、本のエッセンス (本質部分) をきちんと、自分のものにするには、何度も何度も、繰り返し読む必要があるだろう

2. 働く君に伝えたい「お金」の教養 (by 出口治明)

大学生のうちに1番読んで欲しいのは、「お金についての本」。

なぜなら、学校というのは、社会からある意味隔離された環境であり、尚且つ、大学では、お金について学べないから

お金についての知識は、学校外の時間で、補う必要がある。

大学も、所詮サービス業に過ぎないのだ。

結局は自分で必要なものを学んでいかないとけない。

そこで僕は、出口治明さんの『働く君に伝えたい「お金」の教養』という本をおすすめしたい。

出口さんは、もう70過ぎなのだが、非常に頭が柔軟な人だ。

この本は、テクニック本ではなく、「お金の原理原則」について、わかりやすくまとめられた本である。

間違いなく勉強になる一冊だと思う。

3. 魔法のコンパス (by 西野亮廣)

この本もまさに、「生き方」についての本。

自分の才能を最大限に活かせる環境で勝負すること

そして、テクノロジーにより、大きく時代が変化してる中で、新しいビジネスの在り方を模索し、道を切り開いていく「キンコン西野」の流儀を学べる。

大学時代に、常識を外れた人の書いた本を読んでおくと、

間違いなく、自分の可能性や視野は、大きく広がるはずだ。

4. ブログ飯 (by 渋谷昌利)

大学生のうちに、「ブログで稼ぐ」という手段もあると知れるのは、正直、デカい。

ほとんどの大学生は、バイトでしかお金を稼ぐ方法を知らない。

でも、お金を稼ぐ方法は、他にも色々ある。

もちろん、学生のうちに、ブログを始める必要はない。

ただ、選択肢として知っておくだけで、可能性は広がるだろう。

因みに、世の中に、ブログ関連の本は数多くあるのだが、僕がこの本「ブログ飯」を選んだのには、理由がある。

その決め手は、この本の終わりにある「特別コラム」。

そこには、著者さんが、ブログで成功するまでの過程を1番近くで見ていた「著者の嫁さん」による文章が、書かれている。

正直、その「鬼嫁コラム」だけを読めば、残りは読まなくてもいいかもしれない。笑

それくらい、その8ページに、勉強になることが、凝縮されている。

それに、このコラムが、本の中で、1番面白い。笑

でも、全文を読んだからこそ、鬼嫁のスパイスを味わえたのかもしれない

5. 未来は、えらべる! (by バシャール vs 本田健)

この本は、先ほど紹介した「ユダヤ人大富豪の教え」の著者である本田健さんと、宇宙存在のバシャールが対談した本。

僕はいつも本を読んでる時に、「ここの表現は違うなぁ。」とか、「これは正しくないんじゃないかなぁ。」とか、色々批判する自分がいる。

だが、バシャールの言葉には、その批判的な自分が、ウントもすんとも、言わなかった。

ワクワクや情熱に従いながら、それを足止めさせる自分の観念を手放していく。

そのプロセスを繰り返していくということは、とても勉強になった。

バシャールのメッセージは、かなりシンプルなんだけど、非常に難しいんだよね。笑

正直、20才前後の時に読んでも、きちんと理解できる人は少ないかもしれない。

でも、自分の可能性を大きく広げてくれる一冊であるのは、間違いない。

6. 嫌われる勇気 (by 岸見一郎)

この本に書かれてる「物事の考え方 (心の持ちよう)」は、多くの現代日本人に欠けている要素だと思う。

それは、戦後以降の日本の学校教育の欠陥なのかもしれない。

でも、このアドラー心理学を身に付ければ、間違いなく、あなたはより幸せな人生を送れるようになるだろう。

幸せは、出来事ではなく、考え方で大きく左右されるもの。

そして、他人に期待しないこと。

他人の課題に踏み込まないこと。

1番学校で教えて欲しい内容だが、学校では決して学べない内容になっている。

本編は、青年と哲人の対話により、構成されているのだが、

僕がこの本を特におすすめしたのは、

・プライドが高めな男子大学生
・彼氏や旦那さん、or 自分の子供に対して、よく期待してしまう女性

この本を読んで、それを実行できれば、自分の心が、すごく軽くなると思う。

7. 生き方 (by 稲盛和夫)

この本は、大学生に関わらず、役に立つ本だ。

ただ、大学生には、時間があるからこそ、「生き方」について、じっくりと考えてみて欲しい。

ビジネスマンになりたいのか、アーティストになりたいのか、研究者になりたいのかという、表向きな部分だけでなく、

自分が、これからどう生きていきたいのか。」という、

状態についても、自分に問いてみるのが、おすすめ

この本に書かれてることは、「この世界の真理」に近い。

ビジネス本でもあり、自己啓発本でもあり、スピリチュアルな本でもある。

経営者であれ、目に見えない世界を無視することは出来ないのだ

8. ゼロ (by 堀江貴文)

ホリエモンは、これまでに本当に色んな本を出している。

だが、その中でもやっぱり、個人的に、1番おすすめなのは、

この「ゼロ」という本。

ホリエモンの本って、Twitterとか、Youtubeなどで、いつも彼の言ってることが、まとめられてたりするので、正直、本を買う必要はない。

ただ、この本には、彼のYouTubeやSNSを見ても、そこから得られない情報が詰まってる。

普段、ホリエモンがあまり公に話したくないことが、赤裸々に綴られているので、かなり生々しいが、最も説得力を感じる一冊だ

この「ゼロ」という本は、購入して読む価値がある!

ホリエモンに対する見方やイメージも、変わるんじゃないかな。

まとめ

僕自身、大学生の時は、毎月20冊以上、本を読んでいた。

その中でも、その時に読んで良かったなぁと、自分の可能性が大きく広がったなぁと、今感じる本は、

  1. ユダヤ人大富豪の教え (by 本田健)
  2. 働く君に伝えたい「お金」の教養 (by 出口治明)
  3. 魔法のコンパス (by 西野亮廣)
  4. ブログ飯 (by 渋谷昌利)
  5. 未来は、えらべる! (by バシャール vs 本田健)
  6. 嫌われる勇気 (by 岸見一郎)
  7. 生き方 (by 稲盛和夫)
  8. ゼロ (by 堀江貴文)

以上、8冊だ。

なんか、他の人が書いた「大学生におすすめな本」の記事と、紹介してる本が、少し被っちゃってるが、この8冊は、全て自分が大学在学中に読んだ本であり、今なお、本棚に置いてる。

この中でのおすすめの順位とかは、特にないけれど、

強いて言うなら、「ユダヤ人大富豪の教え」かな。

こんなに勉強になるエッセンスが、一冊に凝縮されてる本は、世界中を探しても、なかなか見つけられないと思う。

最後に

その本を読むタイミングというのは、人ぞれぞれだ。

もしこの記事で紹介してる本の中で、強く興味を抱いたものだったり、なんか気になる本や最近何度も目にする本などがあれば、

それは今、その本を読むべきタイミングなのかもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です