スリーパーダを無事に下山。しかし、まさかの試練が、待ち受けていた!?




スリーパーダを登頂し、無事天候に恵まれ、人生初の御来光を見ることが出来た。

山頂で、綺麗な景色の写真もたくさん撮れたし、あとは、下山して、ナヌオヤ駅まで帰り、ホテルの宿のベッドへ直行だ。

しかし、下山後、さらなる試練が待ち受けていた!?

スリーパーダを下山!

御来光は、朝の6時だったのだが、その後は、少し山頂に残り、

サンライズ後のマジックタイムを楽しんでいた。

*サンライズ後の1時間くらいまでは、より幻想的な景色を見れる*

結局、1時間ほど、写真を撮りながら、景色を満喫した。

もう十分満足したので、下山することに。

時刻は、ちょうど朝の7時だった。

たくさん人がいるので、なかなか進まない。

こんな感じで下山していく。

素晴らしい天気だったので、下山中の景色も素敵だった。

登ってきたときは、真っ暗だったので、全然周りが見えなかったが、下山していると、「こんなに高いところまで自分は、登ってきたのか。」と正直驚いた。

下山は、楽だが、膝に負担がくる。

眠くてたまらなかったので、下山を急ぐ。

みんな割とゆっくりと下山するので、ごぼう抜きしていく。

素敵な景色

1時間くらい下ると、ほとんど登山口の地点まで来た。

麓から見上げる、スリーパーダは、なかなか威厳がある。

あの頂上まで登ったことを改めて考えると、凄いことだ。

スリーパーダの登山道には、たくさんの出店があるのだが、そこで飲み物など購入することができる。

つまり、商品を上まで運んでる人たちがいるのだ。

彼らは、1日に何度も往復するのだろう。凄い。

下山中に、個人的に、お気に入りだった道がある。

それは、上の写真のあたり。

この辺は、登るとき真っ暗で、全く周りが見えなかったんだよね。

でも、帰りに見ると、素晴らしい眺めで、木も良い感じで、非常に心地良かった。

早歩きで、かっ飛ばして行ったけれど…。

ここから、5〜10分で、登山口だ。

橋を渡る。

 

これぞ、自然。

この辺の森も、良い感じ。

これが、自然なんだと思う。

東京の高尾山とかも登ったことあるけど、正直、自然のパワーが弱い。

自然よりも、経済発展を優先してきた日本人は、本当の自然が何か忘れ去ってしまってるように思う。

ひたすら、道なりを進み、

また、橋を渡り終え、バス停に到着。

結局、山頂からは、1時間半で、下山完了。

僕は割と飛ばしたので、普通に歩けば、2時間ちょっとかかると思う。

因みに、帰りのバス停も、行きに降ろしてもらった場所と同じだった。

ハットン駅行きのバスを探し、乗り込む。

確か、8時45分発のバスだったと思う。

料金は、ナラタニアのこのバス停から、ハットン駅まで、「片道70Rs」。

あとは、バスと電車で、宿まで帰るだけだ。

一安心していたが、ここからまさかの試練が待ち受けていた。

さらなる試練!?

バス酔いで、ノックアウト!?

バスが出発すると、疲れがどっと出て、うとうとしていた。

僕は、右の窓側の席に座っていたのだが、バスが揺れる度に、窓に頭をぶつけ、目がさめる。

それを繰り返していると、目ボケている自分があることに気がついた。

クネクネ道が半端ない。

僕は、普段バス酔いは全くしない人なのだが、日本にはないようなクネクネ道の連発で、しかもバスは、ありえないスピードでぶっ飛ばしてる。笑

30分くらいなると、超絶気持ち悪くなって、気絶しそうだった。

本来は、ハットン駅で乗り換えて、帰りは、バスでナヌオヤ駅まで行こうと思っていたのだが、もうとんでもない。

「早く降りないと死んじまう…」

疲れと猛烈な眠気とバス酔いで、意識を保つものがやっと。

もうとにかく、気持ち悪かった。

時間が駅園に感じたが、約1時間ちょっとで無事に、ハットン駅に到着。

やっとバスを抜け出せたものの、まだ酔いは抜けない。

ハットン駅に着くと、1番はや電車が、1時間後の11時過ぎ。

ハットン駅の線路の上の橋から。

とりあえず、お腹が好き過ぎてやばかったので、線路の上の橋を越えバナナ探しへ。

なんとかバナナを3本買い、電車を待つのみ。

ハットン駅からナヌオヤ駅へ

チケットを購入。

ハットン駅からナヌオヤ駅までの値段は、「片道80Rs」。

電車を待っていると、20分後くらいに、やって来た。

しかし、

ここでも、試練が待ち受けていた。

なんと、正月シーズンで、ヌワラエリヤ (ナヌオヤ駅) に向かう人が多く、電車が着いた時には、またもや超満員電車。

車両は溢れるほど満杯で入れず、車両と車両の間の狭いスパースに立つ羽目に、だが、眠気がマックスになって、立てなかったので、地面に座った。

自分の荷物もあるし、2時間後には、ナヌオヤ駅に着くので、寝てしまい、通り越すのは避けたい。

だが、意識が飛んで、気がついたら寝落ち、しかし、電車内の商売人が、水やお菓子系の商品を売るために、この満員電車の中を必死でかき分けてくる。

自分のスペースがちょうどドアの前だったこともあり、

商売人に、「You! Move!!!」と、彼らが通過してくる度に、起こされる。

でも、すぐに寝落ちする。

それを繰り返していたが、なんとか、ナヌオヤ駅に到着。

ナヌオヤ駅から歩いて10分くらいの距離の宿に戻ったのは、13時ごろ。

昼飯を軽くパンとかバナナを食べた後、14時にベッドに倒れこむと、22時まで爆睡。

起きたら、真っ暗過ぎて、びっくり。

過酷な2日間は、無事に終了した。自分、お疲れ!笑

下の記事にも、書いたんだけど、やっぱり、ナラタニアか、ハットン駅周辺の宿を拠点に、スリーパーダを訪れるのがおすすめ。

関連記事 : 聖なる山「スリーパーダ (アダムスピーク)」のアクセス方法。

疲れと寝不足状態だと、バス酔いもかなりしやすくなるし、移動は、意外と体力を削られる。

スリーパーダに関する僕の経験と感想を何記事か書いてるので、ぜひ1つの参考にして、ベストな計画を立てて欲しい。

関連記事 : スリーパーダの御来光は、想像以上に綺麗だった。だが、山頂は、大渋滞!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です