ウダワラウェからデニヤヤへ、バスで移動。シンハラージャ森林保護区と紅茶ルフナの産地を目指す。




ウダワラウェでは、国立公園のサファリをして、ゾウの孤児院も訪れ、素晴らしい宿にも恵まれ、素敵な滞在が出来た。

次に向かうのは、シンハラージャ森林保護区

僕が、スリランカの旅の中で、最も楽しみにしていた場所の1つだ。

シンハラージャ森林保護区を南側からアクセスする場合の拠点となる町は、「デニヤヤ (Deniyaya)」。

多くの人は、北側のラトュナプラからアクセスするが、僕は、旅のルート的に、南側のデニヤヤからのアクセスを選んだ。

因みに、デニヤヤは、スリランカの紅茶の五大産地の1つである「ルフナ」の拠点である。

さて、問題はここからだ。

ウダワラウェからデニヤーヤへの行き方は、ガイドブックにも、ネット上にも、載ってないのだ。

そうなると、もう現地の人に聞くしかない。

今回は、現地の人に聞いて教えてもらったルートで、実際に移動したので、その行き方を紹介できたらいいなと思う。

ウダワラウェからデニヤーヤへ。

トュクトュクやタクシーなどで行くのが1番楽であるが、予算的に厳しかったので、バスでの行き方を模索した。

位置関係は、ざっとこんな感じ。

僕が、滞在していた宿は、ウダワラウェ・エリアにある「Max Safari Villa (青色の宿マーク)」というところ。

そこから、目的地の「デニヤヤ (紫色のバスマーク)」へ行くには、まず、「Embilipitiya (オレンジ色のバスマーク)」のバスターミナルで乗り換える必要がある。

ウダワラウェからエンビリピティヤへ

Max Safari Villa

ウダワラウェの宿を出発し、徒歩30秒の大通りに出ると、北側へ向かうバスに乗った。

関連記事 : ウダワラウェの安宿は、「Max Safari Villa」が、超おすすめ。

バスの中

バスに乗って、バスが走り出すと、コンダクターが、運賃を回収しにきた。

行き先 (Embilipitiya) を伝えると、「50Rs」と言われる。

約40分で、Embilipitiya (エンビリピティヤ) のバス停に到着。

Embilipitiyaのバスターミナル

デニヤヤ行きのバスは、どこかと尋ねると、

上のバスターミナルの写真の中の左から2番目に見える水色のバス付近だと言われる。

Embilipitiyaのバスターミナル

暑いので、日陰で待機。

ただいまの時刻は、9時半

上の写真の電話してる男性に聞くと、「次のデニヤヤ行きのバスは、もうすぐ来るよ。」と言われる。

でも、デニヤーヤ行きのバスは、1日2本しかないらしい

彼の言う通り、10時にやってきたのだが、「出発時刻は、11時。」と告げられた。

あと1時間、この暑いバスターミナルで、ひたすら待つしかない。

クーラーや扇風機の効いた場所なんて、近くに全くない。

とりあえず、長旅になるので、トイレだけは済ましておきたい。

すると、びっくりなトイレに出くわした。

トイレが、世界一ファンキー!?

まず、20Rsを支払う。

実は、この公衆便所、かなり変わってるのだ。

写真では伝わりにくいので、下の動画を見てみて欲しい。

なぜか、クラブ化してる公衆便所。笑

こんなに集中出来ない公衆便所は、初めて。

僕は、アメリカを48州横断し、ニュージーランドも一周、オーストラリアもほとんど全地域へ行ったことあるが、こんなトイレは、初体験だ。

ある意味、貴重なトイレなので、もし、Embilipitiyaのバスターミナルへ行く機会があれば、この世界一ファンキーなトイレも、訪れてみて欲しい。笑

エンビリピティヤからデニヤヤへ

少し横道に逸れたが、11時になり、デニヤヤ行きのバスが、遂に出発。

実際は、20分後の11時20分に出発した。

はい、既に汗だくです。

エンビリピティヤからデニヤーヤまで、バスの料金は、「150Rs」。

相変わらず、スリランカのローカルバスは、ゲロ安い。

予想以上のクネクネ道!?

無事に出発し、バスが走り出すと、風もバスの中へ入ってくる。

心地よく感じていたが、予想以上の事態が待ち受けていた。

ヌワラエリヤやエッラの高原地帯を乗り越え、もうクネクネ道とは、おさらばだと思っていたのだが、なんと、またもやクネクネ道が待ち受けていた。

バスが出発し、40分後。

バス酔いで、ノックアウト。笑

正直、気持ち悪すぎて死にそうだった。

だが、バスは、1日2本しかないし、山の中で、僕を拾ってくれそうなトュクトュクなどもない感じ。

耐えるしかない。

出発から1時間後、急にバスは停車。

バスが停車。

なんと休憩タイムのようだ。頭がグワングワンして、外の店の前に、座り込む。

いつまで休憩とかのアナウンスなんて存在しない。

運転手の気分次第だ。

結局、30分経って、再出発。

まだ気分悪い。

因みに、僕は、日本では、ほぼバス酔いしたことない。

でも、このスリランカのハードスケジュールな旅のせいで疲れてるのか、クネクネ道とバスの運転が荒いからなのか。

きっとそれらすべてが原因だと思うが、またもやバス酔いに悩まされた。

関連記事 : スリーパーダを無事に下山。しかし、まさかの試練が、待ち受けていた!?

無事に、デニヤヤに、到着。

デニヤヤ (Deniyaya) のバスターミナルに着いたのは、14時

エンビリピティヤのバスターミナルから、2時間40分の道のりだった。

途中30分の休憩があったので、実質2時間の距離

だが、ウダワラウェからだと、トータル5時間の移動だった。

バスに乗ってる時間は、3時間ちょっとだったが。

因みに、僕が予約していた宿は、シンハラージャ森林保護区の入り口のすぐそばにある「Shinharaja Forest Edge」。

このバスターミナルから、その宿までの間に、『ルフナの紅茶工場』がある。

ついでに、寄り道をしたかったし、バスは乗りたくなかったので、トュクトュクを利用することに。

次回は、ルフナの紅茶工場の見学についての記事を書きたいなと思う。

ウダワラウェからデニヤーヤ

① ウダワラウェ・エリヤからエンビリピティヤ (Embilipitiya) のバスターミナルへ行く。(料金は、50Rs, 所要時間は、約40分)

② エンビリピティヤ (Embilipitiya) のバスターミナルからデニヤヤ (Deniyaya) のバスターミナルへ。 (料金は、150Rs, 所要時間は、2時間40分)

*②に関して、デニヤヤ行きのバスは、1日2本しか出てない。1本目は、11時発。2本目は、たぶん15時発。だが、2本目の正確な時間は把握してない。*



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です