ティッサで、おすすめのスリランカ料理レストラン「Smoky Kitchen 」。




スリランカの南部の町「ティッサマハーラーマ (Tissamaharama)」へ、ツアーではなく、個人で、訪れる人は、かなり少ないかもしれない。

ただ個人で行った場合、夕飯など、レストラン選びに悩む人は多いと思う。

そこで今回は、ティッサにある僕がおすすめのスリランカ料理店を1つ紹介したい。

Smoky Kitchen Restaurant

僕は、「Travellers Home (トラベラーズホーム)」というゲストハウスに泊まっていたのだが、

近くのレストランを調べた時に、この『Smoky Kitchen Restaurant』のことを知った。

トラベラーズホームから歩いて、1,2分の距離。

田んぼを1つ挟んだ隣にあるレストランだ。

田んぼを挟んだオレンジの屋根が、トラベラーズホーム。

実際に行ってみて、メニューを見ると、結構高めな料金だった。

1番安いので、700Rs (約455円) で、平均すると、一食1100Rs (約715円)。

スリランカ国内で考えると、高めな値段だし、日本の飲食店と変わらない。

だが、これは、このレストランが高めではなくて、この「ティッサマハーラーマ (Tissamaharama)」という町全体の物価が高い

超田舎町なのに、なぜか物価がやたら高いのだ。

また、ティッサは、不便な町で、レストランも点在してる。

歩きだと、1つのレストランを探すのも、一苦労。

メニューを見た感じだと、良さそうだったし、店員も親切な感じだったので、ここで、食べてみることにした。

すると、上の写真のような2階の席に案内され、僕はメニューの中から、「スリランカカリー (&ライス)」を注文した。

料金は、1150Rs (約750円)。

カリー&ライスは、作るのに時間が、20〜30分かかりますが、時間は大丈夫か?」と聞かれる。

特に急いでもなかったので、「オッケー」と答えた。

「Smoky Kitchen Restaurant」は、wi-fiがなかったので、特にやることもなく、数分間、椅子に座ってぼうっとしていると、

店員がやって来て、こう言った。

今、キッチンの準備が整ったから、カリーの料理を始めるんだけど、地下の席だと、料理してるところ見学できるけど、移動する?」と聞いてきた。

2階の席は涼しくなかったし、スリランカカリーの料理してるところ興味あるから、地下の席へ移ることにした。

レストランの地下

地下へ行くと、料理していた。

こんな感じで、見れるのか。

キッチン

スリランカカリー&ライスを作るキッチンは、こんな感じ。

因みに、他の料理を注文した時は、別のキッチンで作るので、作ってる様子をみることは出来ない。

地下一階の席

地下の店内は、こんな感じになっている。

まあ、お洒落でもないし、年季があるけど、スペースは広い。

食材も近くに積んである。

ナスは、日本とルックスが違くて、新鮮だった。

やっぱり、スリランカ料理と言えば、

スパイス (香辛料)』だ。

ターメリック・パウダー

ターメリック・パウダー。

*ターメリック・・・ウコン*

マスタードシード
ガーリック
チリパウダー
カレーリーブス

カレーリーブスは、スリランカ料理で、欠かせないスパイスの1つ。

スリランカ料理を食べていると、よく目にする。

スパイスの産地マータレーのスパイスガーデンでも、カレーリーブスを見た。

関連記事 : スリランカのマータレーで、「スパイスガーデン」を訪問してみた。 (Old Village No.27)

カリー&ライスの料理風景

まずは、ホールスパイス (カレーリーブス 、マスタードシード、ガーリック) を油で炒める。

そのあとに、ターメリックパウダーなどをかけていた。

オクラカリー
ナスのカリー

どちらも、同じような手順で料理していき、料理し終わると、

下のような素焼き鍋に移される。

野菜のカリー以外には、ソーヤミートも、調理。

ソーヤミート

ソーヤミート (Soya meat)。

因みに、僕の下の名前は、Soya (ソーヤ)。笑

料理してるスリランカ人の女性に、「実は、僕の名前ソーヤって言うんです。」と言うと、渾身の苦笑いを見せてくれた。

料理中は、すごく真剣だったから、苦笑いだったけど、結構ツボだったらしく、料理を作り終えた後は、他のスタッフに言いふらしていた。笑

それはさておき、遂に、料理は完成。

カリー&ライスの他には、パパダンなどもある。

とても1人では、食べきれない量が出来た。

おかわりは自由らしいけど、それでも、1人では全部食えない。

皿に、盛り合わせると、結構カオスだが、美味しかった。

店内の地下は、クーラーがなく、暑いのだが、スパイスの効いたカリーを食べると、更に体が暑くなって、汗が止まらなかった。

辛さは調整してくれるので、全然辛くなかったが、スパイスが効いてるため、食べると、体がポカポカする。

個人的に、お気に入りだったのは、オクラカリー。

ソーヤミートは、味付けは良かったが、ソーヤミート自体が、自分の好みではなかった。

ここのレストランは、きちんと一回一回丁寧に作ってくれるので、温かいスリランカ料理を食べられる。

時間は、20-30分かかるが、その分やっぱり美味しい。

多くのスリランカ料理レストランでは、熱々のスリランカ料理を食べられない。

なぜなら、一回作った後、素焼き鍋に入れっぱなしで、既に冷えてる料理を提供してるから。

なので、時間に余裕がない時には、おすすめできないが、料理も見学できるし、本場のスリランカ料理を味わえるので、是非、訪れてみて欲しい。

最後に

Smoky Kitchen Restaurant」の場所だが、ティッサの中でも、上の地図の赤ピンあたりにある。

ティッサは、すごく広い町なので、宿を取ってる場所によっては、すごく遠いかもしれない。

その場合は、宿の近くのレストランを利用すると良いだろう。

でももし、レストラン選びに困ってるのであれば、この「Smoky Kitchen Restaurant」が、おすすめだ。

僕は、計2回行ったが、カリー&ライスの他には、チキンヌードルなどもある。

営業時間は、10時〜21時で、僕が行った日は、ポヤデイ (満月の日で、祝日) だったが、オープンしてた。

夜に行くと、結構観光客も多く、けっこう繁盛してる

スリランカ料理の過程を見学した人にも、このレストランは、おすすめ。

因みに、見学するのは、無料だが、もし写真や動画をたくさん撮るのであれば、チップも少し渡しておこう。

Smoky Kitchen Restaurantの情報

営業時間 : 10時〜21時
定休日 : 不規則 (基本毎日営業)
wi-fi : なし
予算の平均 : 1100Rs (約715円)
魅力 : 家庭料理, 料理を見学可能 (カリー注文の場合)
アクセス : ティッサのバスターミナルから、徒歩12分, トラベラーズホームから、徒歩1分。

*スリランカ料理店なので、パスタはないが、チキンヌードル系はある*



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です