フォロダニ公園の屋台よりも、ストーンタウンの「ローカル向け屋台」の方が、おすすめ。




タンザニア、ザンジバル島にある世界遺産の街「ストーンタウン (Stone Town)」。

このユニークで迷路のようなアラブの街には、多くのレストラン、ホテルが点在。

その中でも、夕方になると、一際賑やかになる場所がある。

フォロダニ公園の屋台

フォロダニ公園

それが、「フォロダニ公園 (Forodani Garden) の屋台」だ。

夕方になると、フォロダニ公園には、観光客をターゲットにした屋台が、数多く並ぶ。

ロブスター、チキン、エビ、イカの串刺しに、ザンジバルピザ、サトウキビジュースなど売っていて、ここには、多くの観光客が集まる。

だが、興味本位でこの屋台へと足を運ぶ観光客は多いのが、実際に買う人はかなり少ない。

じゃあ、何で賑わっているのか。

それは、屋台の食べ物を売るための商売人の厚かましさだ。笑

日本にはないような鬱陶しさで、自分の屋台の飯をアピールしてくる。

こっちは興味なくても、これは、〇〇で、これは、△△。と説明し、勝手に、皿によそり始める。

欲しい。とか一言も言ってないやんけ。強引過ぎるじゃろ…。

と思いながら、僕は、すうっとその場を去る。

すると、7mくらい自分の後をついてくる。

タンザニア人の男は、だいたいこういう感じだ。笑

では、商売人が鬱陶しいから、あまり売れてないのだろうか?

だが、僕が思うに、理由は他にもある。

多くの観光客は、ザンジバル島に初めてくる人だ。

なので、屋台の存在をガイドブックなどで見て、一度は、訪れる。

だが、実際に商品である食べ物を見ると、「正直、珍しさはあるが、美味しそうじゃない。

しかも、値段が高いのだ。

グリルしたロブスターの串刺しは、「1本、10000シリング (約500円)」。

グリルしたエビの串刺しでも、「1本、8000 or 9000シリング (約400-450円)」。

値段は、日本の祭りの屋台よりも高い。

それに、見た目もイマイチで、あんまり食べたいと思うような食べ物じゃない。

しかも、噂では、売れないから、何日も使い回ししてるとこもあるようだ。

個人的に、ローカル向けの屋台が、おすすめ

ローカル向けの屋台

実は、ストーンタウンには、もう一つ屋台がある。

ダラジャニ市場周辺にある『ローカル向けの屋台』だ。

場所は、

青色の枠」で囲まれた辺りが、ローカル向けの屋台。

フォロダニ公園の屋台は、観光客向けに対して、こっちは、

現地で暮らしてるザンジバル人向けの屋台

なので、観光客はかなり少ないが、値段は安くて、美味しい。

まあ現地の人向けなので、観光客があまり手を出しにくい料理も多いけど、普通に食べてみたいと思うのも色々ある。

ザンジバルには、美味しいレストランが結構あるので、それと比べると、もちろん、屋台より、レストランの方が、おいしいけれど。

僕は、フォロダニ公園の屋台でも、こちらのローカル向けの屋台でも、『サトウキビ・ジュース』を飲んだ。

ちなみに、フォロダニの屋台だと、スモールサイズで、「1000シリング (50円)」だったが、ローカル向けの屋台で買う方が、これよりも、半額近く安い。

サトウキビ・ジュース

ザンジバル島で飲める『サトウキビ・ジュース』は、サトウキビをマニュアルな機械で縛ったエキスに、ライムも少し絞る。

サトウキビの甘さとライムの酸っぱさが良い感じに混ざると、最高だ。

でも、作る人によって、そのバランスは変わるので、基本的に、かなり甘い味に感じることが多いかも。

僕は、あとこの屋台では、

甘エビの唐揚げ的なやつ

甘エビの唐揚げ (上の写真) を食べた。

1グループ (約8個) で、「1000シリング (50円)」。

普通に日本で食べるのと、同じくらい美味しかった。

最後に

ザンジバル島のストーンタウンには、2つの屋台がある。

多くの人は、フォロダニ公園の屋台にしか行かないが、個人的には、ローカル向けの屋台の方が、安くて、美味しくて、おすすめだ。

現地の生活をより近くで感じれるし、本来のストーンタウンの姿を味わえる。

でも、屋台は、食べるだけでなく、見て楽しむ場所でもある。

時間があるなら、2つとも行ってみて、是非、両方の雰囲気や料理を味わってみて欲しい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です