日本からストックホルムは、「フィンランド航空」のヘルシンキ経由が、おすすめ!




北欧のスウェーデン🇸🇪。

知名度の高い国ではあるが、あんまり日本から観光で訪れる人が多くないこともあって、直行便は出てない。

なので、日本から行く場合、スウェーデンは、「乗り継ぎが、必須の国」である。

いくつかの航空会社から便が出てるが、

その中でも、僕が1番おすすめなのは、『フィンランド航空』のヘルシンキ空港経由での飛行機だ。

フィンランド航空の評判は!?

今回は、フィンランド航空の『評判』というか、

実際に乗ってみて個人的に感じた、フィンランド航空の「メリット (良いところ) 」と「デメリット (改善の余地)」を共有出来たらいいなと思う。

フィンランド航空 (FINNAIR) のメリット

*フィンランド航空は、ヨーロッパへのハブ空港としても、多くの観光客に利用されているが、今回は、日本からストックホルム (スウェーデン) 行きの便に関する情報を中心に、話を進めている。*

(その1) : 飛行時間が、最も短い。

どんな飛行機であれ、飛行時間が短いことに越したことはない。

そして、日本からストックホルムへ行くのに、最短の時間で行けるのは、「フィンランド航空」である。

それでいて、それほど、飛行機代 (エコノミー) が高くないのも魅力だ。

僕は、2019年の12月4日に、フィンランド航空の『成田空港 (日本) ⇆ アーランダ空港 (ストックホルム) 』のチケットを購入したのが、往復で、「11万4740円 (楽天トラベルで購入)」だった。

*上は、燃油費、空港使用料、諸税込みの価格で、もちろん、どちらも、フィンランドのヘルシンキ空港を経由する。*

フィンランド航空の次に、飛行時間が短いのは、デンマーク経由のスカンジナビア航空 (SAS) だ。

スカンジナビア航空だと、「往復9万3000円〜」チケットがある。

因みに、中国国際航空やロシア航空、エミレーツ航空などからも出てるが、乗り換え時間を含めた移動時間が、フィンランド航空とスカンディナヴィア航空の約2倍以上になってしまう。

確かに安いが、値段も、往復7万くらいするし、あんまり良いルートではない。

(その2) : 機内食が、Good !!!

乗客にとって、どの航空会社を選ぶかの大きな基準となる『機内食』。

エコノミークラスだと、どの航空会社であれ、凄く美味しいと言える機内食など存在しないが、悪くない機内食を提供してくれる航空会社は、いくつかある。

フィンランド航空は、そのうちの1つと言えるだろう。

上の写真は、チキンカレーだったが、まあまあ美味しかった。

超美味しいと言うのは、正直、嘘になる。

ただ、エコノミークラスの機内食としては、文句を言えないレベルだ。

たくさんの航空会社の中でも、上位の美味しさだろう。

*ビジネスクラスは、エコノミーの食事と異なるので、わからない。*

(その3) : 座席スクリーンが、超便利!

実際に、過去に利用したことのある航空会社の中で、個人的に、座席スクリーンが、1番便利だなぁと感じたのは、「フィンランド航空」だ。

スクリーンのホーム画面では、上の写真のように、飛行中のスケジュールが表示されていて、

機内食の出るタイミング、機内が暗くなるタイミング、機内販売のタイミングが、画面を見るだけでわかるようになっている。

これは、個人的に、非常に有り難かった。

なぜなら、ほとんどの航空会社において、

乗客は、機内食のタイミングなどを事前に把握出来ないので、寝る時間と本を読む時間と映画を読む時間など、調整しづらいのだ。

機内食や機内が暗くなるタイミングを事前に把握できれば、

明るい時間は読書に費やして、暗くなる時間は寝て、そろそろ機内食のタイミングになったら、起きる。

という風に、スケジュールを決められるので、動きやすい。

それに、映画の種類も豊富で、スクリーンも綺麗だし、パネルの反応も良いし、日本語で視聴できる映画も多い。

*パネルをタッチの反応が悪い座席スクリーンや映画の種類は豊富だが、日本語字幕がなかったり、吹き替えがない映画ばかりの航空会社も多い。*

そして、もう一つ、

この座席スクリーンの凄いところは、

ヘルシンキ空港の到着が、近づいてくると、

ホーム画面の右下にある「到着」のページで、

事前に、乗り換え便の搭乗口を知ることが出来るのだ。

これによって、乗り換えをスムーズに行うことができる。

僕は、帰りの便の時に、ストックホルムからヘルシンキへ行く便の出発が遅延して、乗り換えがめちゃくちゃギリギリになったのだが、機内で、次の乗り換えの搭乗口を把握していたので、なんとか間に合った。

因みに、「〇〇様、もうまもなく飛行機が出発します。搭乗口○○まで急いで下さい。」と、空港内アナウンスされる (人生初の経験) ほど、ギリギリだった。笑

また、成田空港にあるフィンランド航空のカウンターで発行されたチケットの裏には、フィンランド空港の搭乗口のわかる地図も描かれている。

因みに、日本からの飛行機は、ヘルシンキ空港のターミナル2 (T2) に到着し、ターミナル2とターミナル1の間で、「荷物検査」と「パスポートコントロール」を受ける。

因みに、僕の時の、ヘルシンキ空港からストックホルム行きの搭乗口は、ターミナル1の『31Eゲート』だった。

おそらく、スウェーデン行きの便は、「29〜31」あたりのゲートになることが多いかと思われる。

29〜31は、パスポートコントロールを終え、すぐ近くだが、12〜20などは、まあまあ離れてる。

機内の画面を見て、どのくらい自分の乗る飛行機の搭乗口ゲートが離れてるかを把握出来ると、とても助かる。

(その4) : マリメッコの枕が、気持ちいい。

エコノミークラスでも、一人一個、枕があるのだが、

フィンランド航空の枕は、お洒落で、触り心地も良い!

個人的に、この枕が凄いお気に入りだったので、枕カバーをチェックしていると、

marimekko for Finnair (フィンランド航空のためのマリメッコ)」

と、記載されていた。

僕は、成田からヘルシンキ行きの機内で、「marimekko (マリメッコ)」のことを初めて知ったのだが、マリメッコは、フィンランドを代表する有名なアパレルの会社らしい。

帰国後、この枕を買おうと探したけれど、機内販売や日本の店舗では、売られてなかった。

(その5) : 乗り継ぎが、スムーズで、速い。

これまでの自分の経験の中では、ドーハ空港の乗り換えが、1番速かったのだが、

フィンランド航空のヘルシンキ空港乗り換え時間が、過去最速のタイムを叩き出した。

走らずして、飛行機を降りてから、乗り換え便の搭乗口へ行くまでに、30分も掛からなかった。

途中、トイレにも行ったが、…。

飛行機から降りて、ヘルシンキで、「荷物検査」と「パスポートコントロール」などがあるにも関わらず、急げば、20分以内で、乗り換え出来るだろう。

日本からストックホルムまでの便だと、

・11時55分 : 成田空港発
→ 15時10分 : ヘルシンキ空港着。

☆ヘルシンキ空港で、乗り換え (55分)☆

・16時05分 : ヘルシンキ空港発
→ 16時05分 : アーランダ空港着。

*ヘルシンキ空港からアーランダ空港 (ストックホルム) までの飛行時間は、「約1時間」。ストックホルムとヘルシンキの時差は、1時間ある。*

という感じで、ヘルシンキ空港での乗り換え時間が、55分しかなくても、普通に、間に合った。

さすがに、その乗り換え時間じゃ、空港で買い物したりする時間はないけれど。

フィンランド航空 (FINNAIR) のデメリット

フィンランド航空のデメリットを色々考えてみたのだが、特になかった。

ただ、1つ改善点があるとすれば、

座席スクリーンの画面の角度を変えられないこと」かな。

他の航空会社では、画面の角度を変えられるところが多いが、フィンランド航空のスクリーンは、変えられない。

なので、自分の前に座ってる人に、背もたれを全開で倒されると、非常に、画面が見辛くなる。

特に、映画を観ている時だと、結構見にくくなるので、そこは、改善してくれたら、有難いなぁと思った。

気になる「フィンランド航空のサービス」について

僕は、あまり過度なサービスを求める客ではないけれど、フィンランド航空のサービスは、普通に良いと思う。

普通に親切だし、成田からストックホルムの空港までの中で、航空会社の対応が悪いと感じる点は、全然なかった。

何かトラブルがあった場合の対応力は、わからないが、冷たくてあまり感じの良くない客室乗務員は、一人もいなかったし、個人的には、快適な空の旅を楽しめた。

☆ 注意点 : ヘルシンキ空港を利用する上で。☆

(その1) : 荷物検査の液体系が、厳しい。

ヘルシンキ空港は、さすがシンプル国「フィンランド」の空港だけあって、システムも、シンプルで、スムーズな乗り換えを行える。

ただし、日本人は、スムーズに乗り換えをするために、気を付けるべきことがある。

それは、ヘルシンキ空港での荷物検査だ。

この荷物検査では、日本人 (特に女性) が、大量に検査に引っかかる。笑

ヘルシンキ空港での手荷物検査は、「液体系が、非常に厳しい!」のだ。

というか、北欧全般 (スウェーデンなども含め)、液体は厳しめ!?

検査後の荷物のレーンは、「手前の問題なしゾーン」と『奥の問題ありゾーン』に分かれる。

僕は割と国際線の乗り換えに慣れてる方だが、いつも通り、荷物検査をすると、自分の荷物が、『奥の問題ありゾーン』に、流された。

え、なんで引っ掛かったんだろう?」と思いつつ、作業員の行動を観察していると、

検査に引っ掛かった人が多過ぎて、しばらく順番待ち!

ヘルシンキ空港での乗り換えは、1時間もないので、ここでつっかえると、少し焦る。

順番を待って、自分の番がやって来た。

荷物検査に引っ掛かった原因は、

ワックスハンドクリームコンタクト用の目薬」だった。

目薬などの少量の液体でも、透明な袋に入れて、スマホやパソコンと同じように、カバンの外に出して、荷物検査の機械に通さないと、ヘルシンキでは、足止めを喰らう。

日本では、これらの持ち物で、まず引っかかることはないので、大量の日本人が、検査に引っかかるのだ。

*基本、液体系は、どの国でも、透明な袋に入れるのが原則だが、あんまり厳密にチェックする空港は少ない。コンタクトの目薬くらいスルーされる。*

スムーズに、手荷物検査をクリアしたい方は、

少量の目薬などでも

液体は、透明な袋に入れて、カバンの外に出し、係の人に提示して」、機械へ通そう。

そこだけ注意しとけば、20分くらいで、乗り継ぎを行える。

特に女性の方は、「化粧用品 (香水、ローションなど)」も、普通にカバンに入れておくと、荷物検査で引っかかってしまう。

荷物検査をスムーズにクリアしたい方は、透明な袋に入れて、係の人に提示しよう。

(その2) : 乗り継ぎの時間に、注意。

ヘルシンキ空港での乗り換えは、非常にスムーズに行えるので、基本的に、乗り換え時間が、1時間弱で組まれてる。

だが、ヘルシンキ空港への到着が、30分以上遅れた場合

乗り継ぎは、かなりギリギリになるし、最悪、間に合わないケースもある。

アーランダ空港 (スウェーデン) から、ヘルシンキ空港行きの飛行機は、30分〜1時間ほど遅延することが多いので、帰りの乗り換え時間は、少し余裕持っておいた方がいいかもしれない。

僕は、アーランダ空港からヘルシンキ空港行きの便の出発が、30分遅れて、乗り換えが、超ギリギリになった。

ヘルシンキ空港は、時間潰し困らない空港だし、乗り換えの時間を2時間にしても、全然悪くないと思う

僕が、SASではなく、FINNAIRを選んだ理由。

それは、なんとなく、デンマーク経由のスカンジナビア航空 (SAS) よりも、フィンランド経由 (FINNAIR) で、ストックホルムへ行きたいと感じたから。

適当な理由だ。笑

まあ、一言でいうと、「直感」である。

料金は確か、1,2万円、SASの方が、安かったので、もしお金で決めてたら、フィンランド航空を選んでいなかっただろう。

でも、フィンランド航空を選んで良かったなぁと思う。

なぜなら、実際に、フィンランドのヘルシンキ空港に降りてみると、フィンランドは、今の自分と合ってる国のような気がしたのだ。

落ち着いていて、シンプルで、フィンランド人のキャラクターや、建築・デザインのスタイルだったり、「フィンランド」という国の雰囲気が、凄く今の自分に合ってるように感じた。

北欧は、どの国もシンプルなデザインで有名だが、意外と、個性は全然違う。

デンマークは、虚しいくらいシンプルで、スウェーデンは、可愛らいさがあるシンプルさなど。

さらに、国民性も全然違う。

僕は、空港から出てないので、ヘルシンキの街へ行ったわけではないのだが、空港で働いてる人や飛行機の乗客を観察しただけでも、その違いを感じ取れた。

直感に従った行動は、後々、思わぬ形で、将来に繋がっていくことがあるので、もしかしたら、フィンランドとこれから縁があるのかもしれない。

最後に

フィンランド航空 (FINNAIR) は、快適だったし、乗り換えもスムーズに出来て、良かったので、個人的に、凄くおすすめの航空会社だ。

ヘルシンキ空港のトイレも、シンプルで、綺麗なデザインだったし、新鮮だった。

おまけ

僕は、今回、フィンランド航空のチケットを予約した際、スカイスキャナーでチケットを調べて、楽天トラベルにて、購入した

楽天トラベルを利用するのは初めてだったので、少し不安もあったが、全然問題なく利用出来たので、また利用するのもありかなぁと思っている。

公式サイトで買うよりも、旅行会社が押さえてるチケットの方が安い時もあるので、飛行機に乗る際の要領が分かってる人は、スカイスキャナーの利用も、おすすめだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です