ストックホルム市内で、スウェーデンらしい、おすすめのショップ3選。




前回の「<北欧スウェーデン限定> : おすすめの高品質な雑貨屋さん5選。」という記事では、ストックホルムのおすすめな雑貨屋さんを中心に紹介したが、

今回は、アウトドアショップバッグブランド化粧品など、雑貨屋以外のおすすめショップを紹介したいなと思う。

ストックホルムで、おすすめのショップ3選。

1. Naturkompaniet (アウトドア系)

ここは、自分の泊まってたホテルから、iPhoneの保護フィルムを買うため、電化製品のお店へ行く途中に、たまたま通りかかったアウトドア・ショップの「Naturkompaniet」。

なんか雰囲気的に良さそうだったので、とりあえず店内に入ってみたのだが、商品の品揃えも良く、セレクトにセンスを感じた。

また嬉しいのは、日本で売られてない商品が、色々あること。

日本のアウトドアショップは、全国で同じような商品が売られてるので、周りの人と被ってしまう。もし他の人とリュックやジャケットが被りたくない人は、こういうお店で探すのがいいと思う。

因みに、店内の写真は、撮ってないのでお伝え出来ないのだが、

日本人にも大人気な「フェールラーゲン (FJALL RAVEN)」の商品も、種類が豊富だった。

地下には、キャンプ用品がたくさん置かれていて、コンパクトなお店の割に、品揃えの充実した落ち着いた雰囲気で、入りやすいお店だった。

Naturkompaniet」は、ストックホルム市内にも、何店舗があるので、宿泊するホテルに近い店舗に、是非足を運んでみて欲しい。

因みに、僕が訪れたのは、ホテルビリヤルエールから徒歩6,7分の場所にある店舗。

上の地図の「赤いショッピングマーク」のところだ。

2. L:A BRUKET (化粧品ブランド)

スウェーデン発の海洋系オーガニック・スキンケア・ブランドである「L:A BRUKET (リラブルケット)」。

ストックホルムの観光情報を集めてる時に、

この本を通して、「L:A BRUKET (リラブルケット)」というブランドを知った。

*この本は、スウェーデンのストックホルムとフィンランドのヘルシンキを中心に、お洒落なカフェ、レストラン、雑貨屋さんなど、他にも、観光に役立つ有用な情報も多いので、個人的に、凄くおすすめな一冊。*

オーガニックな素材を調合したプロダクトで、シンプルなデザインも魅力な「L:A BRUKET (リラブルケット)」。

因みに、僕は、アレルギー体質で、化学薬品は身体に合わないことが多い。

数年前、アメリカのスーパーで買ったボディーソープを使っていた時は、体が痒くなって、使うのを止めた経験もある。

だから、オーガニック系というのは、自分の関心を引いた。

白を基調としたシンプルなデザインの店内に、フレグランスやボディーソープ、ボディーローション、ボディーオイルなどの商品が並べられていた。

ちょうどストックホルムを訪れる前に、これまで使っていたボディソープを使い切ったということもあり、僕は今回、ボディーソープを色々試してみた。

ボディーソープだけでも、

ラベンダー、レモングラス、バニラ、グレープフルーツリーフなど、全部で、6,7種類あり、店内にあるサンプルで、匂いを嗅ぐことができる。

全部実際に匂ってみて、個人的に、1番しっくりきたのは、

222番Gran/Spruce」のハンド&ボディーソープ。

*ボディーソープは、英語で、“Body Wash”*

L:A BRUKET (リラブルケット)」の製品は、種類ごとに、番号が振られている。

気になる香りの商品があれば、

番号で、「〇〇番の250ml or 450mlの商品を下さい。」と店員に伝えるといい。

今僕は日本で、このボディーソープを使用中なのだが、2ヶ月間使用してみて、なかなか良い感じだ。

店舗は、ストックホルムのセーデルマルム地区にある。

電車でアクセスするなら、最寄駅は、地下鉄の「Medborgarplatsen」となる。

因みに、日本の表参道にも、1店舗あるようだ。

3. Sandqvist (カバン・メーカー)

このブランドを知ってる日本人は、かなり少ないんじゃないかな。

僕は、ストックホルムで初めて知った。

Sandqvist」というカバンメーカーなのだが、

ストックホルムが、おすすめするスウェーデンのデザイナーショップである。

高級感のある皮のバックもあるし、

カジュアルなバックもある。

上の写真を見たら分かる通り、「Sandqvist」のカバンは、非常にシンプルなバックだ。

これは写真だとわかりにくいのだが、実際に間近で見ると、製品の質が良い

安っぽい素材ではなく、利便性もあるバッグとリュックだ

リュックには、パソコン(Mac15インチまで)を収納できるスペースもあるし、ポケットの数や大きさも、多すぎず、少な過ぎず、ちょうど良い。

僕は、ポケットだらけのバックは嫌いだが、お洒落で、シンプルで、カジュアルで、使いやすいカバンが好きなので、個人的には、ぴったりだった。

本当は、他の人に教えたくないカバンのブランドなのだが、どうせ僕のブログで紹介したところで、多くの人は見ないと思うので、ここで紹介することにした。笑

青色のショッピングマーク・・・「Sandqvist

僕は、ガムラスタンにある店舗に行ったが、セーデルマルム地区にも、ノルマルム地区にもあるようだ。

セーデルマルムのセレクトショップでも、一部取り扱われている。

関連記事 : <北欧スウェーデン限定> : おすすめの高品質な雑貨屋さん5選。

日本でお目にかかれないスウェーデンで人気のブランドなので、ストックホルムを訪れた際は、是非、足を運んでみて欲しい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です